エルメス ドゴンのベルトおよび部分塗装修理

革研究所 小倉田川店 岩井です。

本日はエルメス ドゴンのベルトと部分塗装の修理を紹介いたします。

エルメスのドゴンと言えば、スマートなデザインであるにも関わらず、たくさん収納できる点が良いですね。

今回ご紹介するドゴンは、閉じるためのベルトがボロボロになってしまっており、使いにくい状態になっておりました。

ドゴンのベルトを作り変えてもらえますか?ほつれた部分も縫い直してほしいんですが・・・ 

今回のお客様はLINEにてお問い合わせ頂きました。

「ドゴンを閉じる為のベルトがボロボロなんです。一部ステッチも切れてしまって、色も落ちてしまったんです。修理できますか?」

早速財布をお預かりすると、このような状態になっておりました。



















ベルト部分はひどく破れております。両端のステッチがほつれてしまい、ぱかっと開いてしまっています。

それから、角の部分も少しですが、色が剥げています。

このような状態の為、今回は以下の修理を行う事にしました。

・部分縫製
・ベルト再作成
・部分塗装

どの様に生まれ変わるのか、ご覧ください。

生まれ変わったエルメス ドゴン Before After

修理前



修理後



修理前



修理後



修理前



修理後



修理前



修理後



いかがでしょうか?

ベルトは新しく作成しているので、金具の部分に差し込んでも、問題なく使えるようになっています。

側面に合ったステッチのほつれは縫い直して綺麗になりました。

角の剥がれていた個所にも、色が入っています。

これで今まで通り使っても大丈夫ですね。

エルメス ドゴンの修理、まずはご連絡ください!

修理の終わった財布をお送りした所、とてもご満足頂きました。

エルメスのドゴンの修理をご希望でしたら、まずはご相談ください。



また、当店ではLINE公式アカウントを用意しております。
友だち登録して頂き、メッセージを送って頂ければ返信致します。

友だち追加

大切な物をいつまでも使いたい、当店はそんなお気持ちにお応え致します。
革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!