ルイヴィトンの財布 塗装が剥がれても修理できます。

革研究所 小倉田川店 岩井です。

本日はルイヴィトンの財布での塗装修理を紹介いたします。

ルイヴィトンの財布を使っていると、表面の塗装が剥がれてしまう事があります。

これは、空気中の湿気によって財布の表面の成分が劣化したり、何か固いものと擦れてしまったときに起きます。

今回ご紹介する財布も、この剥がれが発生している状態でした。

ルイヴィトンの財布が擦れてしまって、色が剥がれました・・・

今回のお客様は当店のLINE公式アカウントからお問い合わせ頂きました。

「財布の角が少し擦れてしまったのか、色が剥がれてしまったんです。少しなんですが、気になるので修理してもらえませんか?」

早速財布を拝見すると、このような状態になっていました。










パッと見た感じは問題なさそうに見えますが、山折りになっている部分の塗装が剥がれてしまっています。

こういうちょっとした剥がれでも、やはり気になる事がありますよね。

そのまま何となく使わないで保管していると、次に使う際にはもっと剥がれがひどくなってしまう・・・

そうなってしまっては大変ですので、今回は部分的に塗装を行いました。

どのように生まれ変わるのか、ご覧ください。

生まれ変わったルイヴィトンの財布 Before After

修理前



修理後



修理前



修理後


いかがでしょうか。

わかりづらい所ですが、色が剥がれていたところに新しい色が入りました。

お客様にお見せした所、「気になっていたところが、気にならなくなりました。本当にありがとうございました!」と仰って頂きました。

ルイヴィトンの財布 剥がれた個所の修理方法

今回の修理では、以下の方法で修理を行いました。

クリーニング

塗装をきちんと定着させる為、最初に塗装する個所の表面についた汚れや油分を落としていきます。これには革専用の洗浄液や油分を分解する溶剤を使います。

この作業が完了したら、塗装に入ります。

塗装

塗装を行う際、最初に元の色に近い色を作成する必要があります。今回は茶色の塗料に赤や黄色の塗料を混ぜて、元の色に近い色を作成しました。

塗料の作成が出来たら、溶剤で塗料を薄めて塗っていきます。バッグなど大きなものを塗装する際にはスプレーガンという器具を使いますが、今回は塗装する個所が少ない為、綿棒で少しづつ塗装していきます。

十分に乾燥させたら、塗装の工程は終了となります。

コーティング

最後に塗装が剥がれないように、表面にコーティング剤を塗っていきます。コーティング剤を調合して、スプレーガンでしっかりと塗っていきます。

この工程を最後に行う事で、塗装した色が落ちにくくなります。

修理費用はいくら?どうやって依頼するの?

今回の修理の費用は下記の通りです。ただ、塗装する部分の大きさなどで料金が変わる事があるので、修理前に見積もりをお伝えしております。

部分塗装修理 2400円~
(消費税および送料別)

修理期間は3週間程度頂いております。

ご依頼の流れについては、こちらをご覧ください。

ルイヴィトンの財布の剥がれが気になったら、まずはご相談ください。

ルイヴィトンの財布やバッグなど、海外ブランドの製品は日本の湿度に合っていないのか、空気中の湿気などの理由によってどうしても表面の塗装が剥がれてくる事があります。

しかし、塗装が剥がれたとしても使い続ける事はできますので、剥がれが気になって使わなくなるのは、もったいないですよね。

塗装の剥がれが気になったら、まず当店にお問い合わせください。

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際には写真をお送りください。

また、当店ではLINE公式アカウントを作成していますので、直接メッセージで写真をお送り頂ければ、お見積りできます。

普段使い慣れているLINEの方がよろしければ、まずは友だち登録をお願いします。

内容が確認でき次第、すぐに返信いたします。

友だち追加

ご連絡をお待ちしております。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!