ピンク色でも塗装できます!シャネル シガレットケースの色あせ塗装

革研究所 小倉田川店の岩井です。

本日はシャネルのシガレットケースで起きた、色あせの修理を紹介いたします。

ポーチ、バッグなどで、角の部分の色あせや黒ずみが気になる事って多いですよね。

当店にご依頼頂く革製品も、そのような角の部分の劣化が非常に多いです。

そういった状態のものがどのように生まれ変わるのか、ご覧ください。

角の色あせがどうしても気になる・・・

今回ご紹介するシガレットケースは、写真をご覧いただくとわかるかと思いますが、角の部分が擦れてしまい、表面の色が落ちてしまっている状態でした。

表面の色あせもひどくなっていますが、塗装が剥がれている部分が少し黒ずんで目立っています。

シャネルのマークが特徴的なシガレットケースも、このような状態では、何となく気になってしまいますよね。

状態を確認した結果、表面の塗装修理を行う事に致しました。

生まれ変わったシャネルのシガレットケース Before After

元に近い色の塗料を作成して、塗装を行ったところ、このようにシガレットケースが生まれ変わりました。

修理前

修理後

修理前

修理後

いかがでしょうか。このように色あせや黒ずみはすっかりみえなくなりました。

全体的に色を塗ったおかげで、より鮮やかな印象を受けます。ここまでよくなれば、持ち歩いても違和感なくお使い頂けますね。

シャネルの色あせ、黒ずみが気になれば、まずはご相談ください。

修理の完了したシガレットケースを、お客様にお渡しした所、とても喜んで頂けました。

シャネルをはじめとしたブランド品は、本来長く使う事が出来るように設計されています。しかし、色あせなどの理由で、クローゼットの奥底に入れたままにするのは、非常にもったいないと思います。

せっかく買ったブランド品であれば、是非長く使って頂きたいと私は思っております。

ご自宅のクローゼットに寝かせたままになっている大事なものがあれば、まずはご相談ください。

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際には写真をお送りください。ご満足いただけるよう、しっかりとご案内させて頂きます。

大切な物をいつまでも使いたい、当店はそんなお気持ちにお応え致します。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!