革靴が黄ばんでしまっても、白さが戻ってきますよ。【レザーシューズ】

革研究所 小倉田川店 岩井です。

本日は黄ばんでしまった革靴の塗装修理を紹介いたします。

白い革製品は長く使っていると、黄ばんでくる事があります。革の表面を覆っている塗装が、紫外線や化学物質によって変色してしまう事が原因です。

当店の修理では、黄ばんでしまった革の表面に新たな塗装の膜を作り、元の色に近い状態へ甦らせます。どのように甦るか、ご覧ください。

白い革靴が黄ばんできた・・・

今回紹介する革靴、修理前はこのような状態でした。

このように元は白に近い色だったのですが、全体的に黄ばんでいます。さらに黒ずみや小さな傷も付いてしまっています。

上記の状態を踏まえて、今回はこのように修理をしております。
・クリーニング
・下地処理
・塗装

あの頃の白さを甦らせる、当店の革靴修理3つのステップ

1.革靴表面の汚れや汚れを落としていきます。

※写真はイメージです

今回の靴は白く仕上げる為、汚れが残ったままになっていると、色が入りにくくなります。その為、事前にクリーニングを行う事で、後の仕上がりが変わってきます。

2.下地処理

※写真はイメージです

つま先についた傷をそのままにしておくと、見栄えが悪く塗装の仕上がりも悪くなります。その為、傷の部分をできるだけ平滑にする為、表面を削ったり樹脂を詰める下地処理を行います。

3.塗装

※写真はイメージです

下地処理で平滑になった表面に塗装を行います。塗装と乾燥を繰り返し、塗料が定着していきます。塗装が終わると、色が落ちないようにコーティングして出来上がりとなります。

このような手順を踏むことで、黄ばんだ革靴は甦り、黄ばみや傷を気にせずにお使い頂く事ができるようになります。

甦った革靴Before After

修理が終わった靴はこのようになりました。

修理前

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

いかがでしょうか。

黄ばんで暗くなっていた表面が、塗装によって白さが甦りました。傷や黒ずみも全く見えなくなっています。

これで、再び外にはいていけますね。

革靴の傷や黄ばみ、色落ちが気になったら、ご相談ください。

革靴は長い間使い続けていると、どうしても傷や色あせ、色落ちする事があります。

普段お使いの革靴で気になるところがあれば、まずはご相談ください。

%e3%81%8a%e5%95%8f%e5%90%88%e3%81%9b

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際には写真をお送りください。

大切な物をいつまでも使いたい、当店はそんなお気持ちにお応え致します。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

 

Follow me!