持ち手の黒ずみ、濃い色塗装で目立たずスッキリ!【Louis Vuitton】

革研究所 小倉田川店の岩井です。

本日はヴィトンのバッグについた黒ずみの修理を紹介いたします。

ヌメ革で出来た持ち手は、ヴィトンのバッグで多くみられますね。このヌメ革、牛の皮をなめして作られているのですが、塗装などの加工をほとんど行っておらず、年月がたつごとに色の変化を楽しむことができます。

しかし、表面の処理がほとんど行われていないヌメ革は、周りの環境の影響によって、どうしても黒ずみなどが発生します。

今回のお客様も、そのような黒ずみでお悩みでした。

ヴィトンのバッグの持ち手、修理した後も、長くキレイに使いたい!

今回のお客様は当店のブログをご覧になられて、お電話頂きました。

「ヴィトンのバッグの持ち手が汚れているんです。修理した後も汚れが目立たないように、濃い色で塗ってもらえますか?」

バッグを確認させて頂くと、このような状態になっておりました。

写真を見ると、持ち手を中心に黒ずんでいる事がわかります。また、バッグの縁に巻かれている革も、数か所破れておりました。

このままの状態では、黒ずみが気になって外に持ち出す事が出来ず、そのうちあまり使わなくなる、という事も・・・

そこで、今回はお客様のご要望にお応えする為、通常よりも濃い色で塗装修理を行う事にしました。

ヴィトンで利用されている革は、年数がたつにつれて、べっこう飴のような濃い茶色に変色していきます。

今回は塗装で長年使った時のような色合いを再現してみました。その結果、どのように生まれ変わったか、ご覧ください。

生まれ変わったヴィトンのバック before After

修理前

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

いかがでしょうか。

持ち手の部分が元の色から、かなり濃い色に生まれ変わっています。持ち手についていた黒ずみはすっかり見えなくなりました。

写真ではあまりアップしていないですが、革の部分はすべて同じ色で塗装しています。

ここまで濃い色になると、長く使っても黒ずみが目立ちにくくなりますね。

持ち手の黒ずみでお悩みであれば、まずはご相談ください。

今回のヴィトンのバックをお客様にお送りした所、「これでまた使い続けられます」ととても喜んで頂きました。

バッグの中で直接手が触れる部分なので、どうしても黒ずみが発生してきます。

「まだまだバッグは使えるけど、持ち手の黒ずみが気になる・・・」

そんなときはまず、当店にご相談ください。

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際には写真をお送りください。ご満足いただけるよう、しっかりとご案内させて頂きます。

大切な物をいつまでも使いたい、当店はそんなお気持ちにお応え致します。

当店の修理サービスの流れはこちらをご覧ください。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!