革ジャンの染め直し 日焼け色あせでお悩みならご相談ください

革研究所 小倉田川店 岩井です。

本日は革ジャンの染め直し修理を紹介いたします。

革ジャンを長く愛用していると、日焼けや色あせが起きる事があります。色が抜けてしまった革ジャンを着るのは、ためらってしまいますよね。

今回ご紹介する革ジャンも、そのような状態でした。

革ジャンが日焼けしてしたんです。別のお店では修理できないと言われて困ってしまって・・・

今回のお客様は当店のHPをご覧いただき、お問い合わせ頂きました。

「革ジャンが日焼けしてしまって、色が抜けてしまったんです。近所の修理店に持っていったら、黒く塗装する事はできるけど、元の色には戻せないと言われました。困ってるんですが、何とかなりませんか?」

早速革ジャンを確認させて頂くと、このような状態になっておりました。

















主に右側の袖を中心に、日焼けによって色が抜けてしまっています。

本来の色も若干青みがかった灰色で、再現が難しい色です。おそらく同じような色を作るのが難しく、バッグなどに比べて塗る面積も大きいので、最初の修理店では断れたのではないかと思われます。

今回は革ジャン全体を染め直しによって、色を取り戻す事に致しました。

どのように革ジャンが生まれ変わるのか、ご覧ください。

生まれ変わった革ジャン Before After

修理前


修理後


修理前


修理後



修理前



修理後



いかがでしょうか。

同じような色を用意して塗装する、染め直しによって色が抜けていた部分に色が入りました。

これで外出の際に色あせを気にせず、お気に入りの革ジャンを着る事が出来ますね。


革ジャンを生まれ変わらせる修理方法

今回の修理では以下の内容で修理を行っております。

クリーニング

最初に革の表面についた余計な油分や汚れを落としていきます。油分が付いたまま塗装をすると、塗装が落ちてしまう事がある為、洗浄剤などを使って、全体の汚れを落としていきます。

塗装

クリーニングが終わったら、次に染め直しを行う為の塗料を作成します。革製品の色は、販売されているブランドやシリーズ、販売年度によって異なってきます。その為、塗装する革ジャンの状態を見て、色を作成していきます。

塗料ができたら、革の表面に色を定着させる為の溶剤と混ぜて、スプレーガンで塗装していきます。

この時に塗装を一気に行ってしまうと、塗料が付きすぎてひび割れてしまう事もあるので、塗装と乾燥を何度か繰り返して、しなやかな塗料の膜を作っていきます。

コーティング

塗装が完了したら、色落ちを防ぐためのコーティングを行います。専用のコーティング際を調合して、スプレーガンで全体にムラなく塗っていきます。最後に十分乾燥させて終了となります。

この修理によって、色の抜けた部分に新しく色が入ります。特に革ジャン全体を塗装しているので違和感のない仕上がりになっていますので、色あせを気にする事なく、お出かけの際に着て頂く事ができます。

新しい革ジャンを買おうとすると、それなりの値段がかかりますし、せっかく長く着ていた革ジャンを処分するのも気が引けますよね。

染め直し修理によって革ジャンを再び使って頂くという事は、新しい革ジャンを購入するよりも経済的ですし、愛着のある革ジャンを処分しなくても済みます。

革ジャンの染め直しをお考えなら、まずはご相談ください。

お客様に革ジャンをお渡しした所、とても喜んで頂けました。

革ジャンの日焼けや色あせなどでお困りでしたら、まずはご相談ください。

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際には写真をお送りください。

また、当店ではLINE公式アカウントを作成していますので、直接メッセージで写真をお送り頂ければ、お見積りできます。

普段使い慣れているLINEの方がよろしければ、まずは友だち登録をお願いします。

内容が確認でき次第、すぐに返信いたします。

友だち追加

ご連絡をお待ちしております。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

 

Follow me!