革ジャンの傷修理 傷ついてもご安心ください

革研究所 小倉田川店 岩井です。

本日は革ジャンの傷修理を紹介いたします。

革ジャンを長く使っていると、何かに引っ掛けたり、擦ったりして傷が入る事がありますよね。

今回ご紹介する革ジャンは、とても大きな傷が入っている状態でした。

バイク事故で傷が入ったんです!修理できませんか?

今回は当店のwebサイトをご覧いただき、ご相談頂きました。

「バイク事故で、着ていた革ジャンに傷が入ったんです。修理できますか?」

革ジャンを確認すると、このような状態になっておりました。















事故の際に腕が地面にこすれてしまったのでしょうか。ひどい擦り傷が付いています。

長く着られていた革ジャンで体形にフィットしている為、新しい革ジャンを購入するのをためらっていたそうです。

このような状態の革ジャンがどのように生まれ変わるのか、ご覧ください。

生まれ変わった革ジャン Before After

修理前



修理後



修理前



修理後



修理前
 


修理後



修理前



修理後



修理前



修理後



いかがでしょうか。傷が入っていた部分はほぼ見えなくなりました。

修理をしたことを知らない人が見たら、おそらく気が付く事は無いかと思います。

傷ついた革ジャンの修理方法

今回の修理で行った内容は以下の通りです。

クリーニング

長く使い続けた革ジャンの表面には、どうしても汚れや不要な油分が付いています。これがあると塗装がきちんと定着しないので、専用の洗浄剤などを使って革の表面をクリーニングによって汚れを落としていきます。

傷補修 

革の表面が削れてもろくなっているので、最初に表面を強化する為の処理を行います。具体的には革の表面を固める薬剤を塗っていき、その後表面を削って整えていきます。

それでも深い傷は残るので、それを埋める為に革用の樹脂を傷に擦り込んでいきます。この作業によって傷ついて出来た凹凸はほとんど見えなくなります。

塗装

色が薄くなったり、補修によって色が変わって修理痕が残っている部分に対して、塗装を行っていきます。

革用の塗料を溶剤で薄めて、スプレーガンで薄くムラなく塗っていきます。塗装と乾燥を繰り返して、見た目の違和感を無くしていきます。

コーティング

塗装した色が落ちないよう、最後にコーティングを行います。コーティング剤を調合して、スプレーガンにてムラなく塗っていきます。十分に乾燥させたら、修理は完了です。

ここまでの工程によって、傷の入った革ジャンは生まれ変わります。

 

修理費用はいくら?どうやって依頼するの?

革ジャンの修理費用は基本的に以下の通りです。
革ジャン塗装修理 14400円~

修理期間は2週間~3週間程度頂いております。

ご依頼の流れについては、こちらをご覧ください。

革ジャンの傷でお悩みなら、まずはご相談ください。

修理の終わった革ジャンをお客様にお渡しした所、とてもご満足頂けました。

革ジャンは長く着る事によって、革が伸びてきて、体形にフィットしてきます。その為、傷が入ったからといって、新しい革ジャンに買い替えてしまうと、また体形に合うまで着続ける必要があるので、その間違和感を感じる事もあるかと存じます。

お気に入りの革ジャンの傷が入ってお困りでしたら、まず当店にお問い合わせください。

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際には写真をお送りください。

また、当店ではLINE公式アカウントを作成していますので、直接メッセージで写真をお送り頂ければ、お見積りできます。

普段使い慣れているLINEの方がよろしければ、まずは友だち登録をお願いします。

内容が確認でき次第、すぐに返信いたします。

友だち追加

ご連絡をお待ちしております。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!