革ジャンのひび割れ補修 お悩みを解決します!

革研究所 小倉田川店 岩井です。

本日は革ジャンのひび割れの補修を紹介いたします。

革ジャンを長く使っていると、表面がひび割れてくることがあります。ひび割れるほど劣化した場合、市販の革用修理剤などで改善させる事は非常に難しい為、専門店んでの修理をオススメ致します。

今回ご紹介する革ジャンも、ひび割れ目立っている状態でした。

お気に入りのライダースがひび割れました。修理はできますか?

今回の革ジャンは、以前別の製品での修理をご依頼頂いたお客様が持ち込まれたものになります。

「気に入っていた革ジャンなんですが、見た目が気になるんで修理してもらえませんか?」

早速革ジャンを確認すると、このような状態になっていました。












綺麗なライダースジャケットですが、表面に無数の細かいひび割れが入っており、そのせいで鮮やかな赤が白ぼけて見えます。

革の表面がひび割れているだけで着る事はできますが、この状態で着る事はちょっとためらってしまいますね。

この状態の革ジャンがどのように生まれ変わるのか、ご覧ください。

生まれ変わった革ジャン Before After

修理前


修理後



修理前



修理後



修理前



修理後



修理前


修理後



いかがでしょうか?細かいひび割れは見えなくなり、色もしっかり戻りました。

これで外出の際に気兼ねなく着る事が出来ますね。

革ジャンを生まれ変わらせる修理方法

今回の修理では、以下の方法で修理を行っております。

クリーニング

最初に表面の汚れや油分、古くなった表面の塗料を取り除きます。

革専用の洗浄液や溶剤を使い、表面を洗っていきます。この作業を行なわないと、最後の塗装の段階で色が定着しないため、すぐに色がはがれてしまいます。

その為、この作業は最初に行いますが非常に重要な作業になります。

ひび割れ修理

表面のひび割れ修理の際、最初に行うのは革表面の強化になります。

革の表面に革を強くする補修剤を塗っていく事で、もろくなっていた表面が固く強化されていきます。その後表面を整える為に研磨を行い、ひび割れて表面にできた凹凸を平らにしていきます。

ただ、この方法だけでは深い傷がどうしても残ってしまいます。その為表面の研磨が終わったら、柔軟性の高い樹脂を深い傷に擦り込んでいき、表面をより平らに仕上げていきます。

このような作業によって、表面のひび割れは綺麗になります。しかし、ここまでの作業では色は抜けたままになっているので、修理痕が目立ってしまいます。

その為、表面を塗装して色を入れていきます。

塗装

塗装を行う時には、最初に塗料の色を作る必要があります。

革ジャンの中で比較的色が残っている個所を探して、その色に近い色を混ぜ合わせて作っていきます。

塗料が作成できたら専用の溶剤に混ぜて、スプレーガンなどを使って色を入れていきます。何度か塗装と乾燥を繰り返す事で、革の表面にはしなやかな塗料の膜が仕上がります。

また、今回は赤い部分だけではなく黒や白い部分がありますので、そちらも同様に色を作って塗装をしております。

コーティング

塗装が終わったら、色が落ちないようにコーティングを行います。革ジャンの状態に合わせてコーティング剤を調合し、スプレーガンによって全体にムラなく行っていきます。

最後にしっかり乾燥させたら、修理は完了となります。

修理費用はいくら?どうやって依頼するの?

革ジャンの修理費用は基本的に以下の通りです。
革ジャン塗装修理 14400円~

修理期間は2週間~3週間程度頂いております。

ご依頼の流れについては、こちらをご覧ください。

革ジャンのひび割れでお悩みなら、まずはご相談ください。

修理の終わった革ジャンをお客様にお渡しした所、とても喜んで頂けました。

革の修理用の製品は色々な会社から販売されています。多少の劣化はそれらの製品で修理できる場合もありますが、広範囲の色あせやひび割れなどを修理するのは難しく、最悪の場合失敗してしまう事も考えられます。

革ジャンのひび割れにお困りでしたら、まず当店にお問い合わせください。

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際には写真をお送りください。

電話:050-3696-4171
※電話に出られない場合は折り返しますのでお待ちください。

また、当店ではLINE公式アカウントを用意しております。

まずは友だち登録してから、メッセージと写真をお送り頂ければすぐに返信いたします。

友だち追加

ご連絡をお待ちしております。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!