革ジャンを【手入れ】したら縮んだ!塗装と軟化処理で改善!

革研究所 小倉田川店 岩井です。

今日はラムレザーの革ジャンの修理を紹介いたします。

革ジャンを長く使う為に、様々なメーカーから、革ジャン用のクリーナーやクリームなど販売されていますね。しかし革の種類に合わないものを使うと、シミになったり、革が固くなることも・・・

今回の革ジャンもお手入れを行った結果、大変なことになっていました。

手入れをしたらシミになって、スチームを当てたら固くなったんです・・・

今回のお客様はwebサイトを見てお問い合わせ頂きました。

「革ジャンの手入れをしようと思って、革用のクリーナーを使ったら、シミになったんです。シミが取れるかと思ってスチームを当てると、今度は革が固く縮んでしまって・・・」

革ジャンを確認させて頂くと、このような状態になっていました。






正面の目立つ所に黒いシミがついてします。しかも、スチームをかけた影響によって、革が固くなり引きつったような状態になっています。

流石にここまで目立ってしまうと、着るのはためらってしまいますよね。

このような状態の革ジャンがどうなるか、ご覧ください。


生まれ変わった革ジャン Before After

修理前


修理後


修理前


修理後

いかがでしょうか。

黒くなっていたシミの部分はほぼ見えなくなりました。また、固くなっていた革も柔らかくなり、引きつっていた部分も目立たなくなりました。

ここまで改善できていれば、再び着る事も出来ますね。

革ジャンを生まれ変わらせる修理方法

今回の修理は3つの手順で行っております。

1.固くなった革の軟化

最初に固くなった革を柔らかくします。具体的には革用のオイルを塗って、固くなった革を手でもみ込んでいきます。

これを数日かけてゆっくり行う事によって、引きつっていた部分が少しづつ伸びて目立たなくなります。

2.塗装

1の工程が終わっただけでは、もともとのシミは消えません。その為、革の表面に新たな色を加える事でシミを目立たなくさせます。

今回のラムレザーの表面は自然な色むらがあるので、塗装する際にも色むらを可能な限り再現して、違和感を無くしていきます。

3.コーティング

塗装が終わったら、色が落ちないようにコーティングを行います。ここまで行い、数日乾燥させる事で修理は完了となります。

 

修理費用はいくら?修理の流れは?

今回の修理費用は以下の通りです。

部分塗装修理:¥4800円(消費税および送料別)

修理期間は2~3週間程度頂いております。

修理のご依頼の方法については、こちらに詳しく記載しておりますので、ご覧ください。

 

革ジャンのお手入れでお困りであれば、まずはご相談ください!

今回の革ジャンをお客様にお渡した所、とても喜んで頂けました。

革ジャンに保湿用のクリームなどを使う際には、可能な限り目立たない部分に試して、シミにならないか確認してからお使いください。

それでもシミが出来たり、革が固くなるようであれば、まずはご相談ください。

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際には写真をお送りください。

また、当店ではLINE公式アカウントを作成していますので、直接メッセージで写真をお送り頂ければ、お見積りできます。

メールのやり取りは面倒でも、普段使い慣れているLINEの方がよろしければ、まずは友だち登録をお願いします。

内容が確認でき次第、すぐに返信いたします。

友だち追加

友だち登録、お待ちしております。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!