色あせた革ジャン、塗装によってここまで生まれ変わります。

革研究所小倉田川店 岩井です。

革製品は長く使っていると、どうしても色あせが起こります。

一度色あせした革製品は、一般的な手入れ方法を行っても元には戻りません。

ですが、せっかく長年使ってきた革製品なら、色あせても使い続けたいですよね。

当店の修理では塗装を行って、色あせた革製品を甦らせることができます。

今回は、色あせした革ジャンの修理事例を紹介致します。どのように生まれ変わったか、ぜひご覧ください。

革ジャンの色あせの原因は?

今回ご依頼頂いた革ジャンを確認した所、かなり色あせが進んでいる状態でした。

IMG_20151214_113240

IMG_20151214_113320

IMG_20151214_113329


もとは綺麗なブルーの革ジャンでしたが、色あせが進行して白く変色しています。

理由を伺ったところ、室内で日光に当たるところにずっと飾っていたそうです。

革製品をはじめとした塗料は、基本的に紫外線等の影響を受けて、色の成分が分解されます。

その結果、色が抜けてしまい、写真のとおり表面が白くなってしまいます。

当店の修理では、この抜けた色を甦らせるため、革専用の塗料による塗装修理を行っております。

この修理によって、色あせした革ジャンも再び色を取り戻すことができるのです。

色あせた革ジャンの色を甦らせる。

ここまで読んで頂いた方は、疑問に思うのではないでしょうか?

「色あせで変色しているのに、どうやって元の色がわかるの?」

塗装をする際には、事前に色を作る必要があります。その為、元はどのような色をしているのか、確認する必要があります。当店では、色あせしていない部分を探して、色を作っていきます。

革ジャンであれば、襟の裏側やポケットの内側など、紫外線の影響を受けにくい部分の色をみて、塗料を作成します。

img_20160305_134228
※写真はイメージです。

色を作る際も、乾燥後の色の変化などを計算に入れて作成します。その為、色を作成した直後の塗料は、本来の色とは若干異なる色をしています。

色を作成したら、下地処理後に溶剤で希釈してスプレーガンで塗装を行います。

img_20160724_183138
※写真はイメージです。

このような作業を経て、色あせた革ジャンは色を取り戻し、再び使えるようになるのです。

甦った革ジャン Before After

修理を行った結果、色あせた革ジャンはこのように生まれ変わりました。

修理前
IMG_20151214_113240

修理後
IMG_20151219_164843

修理前
IMG_20151214_113320

修理後
IMG_20151219_164929

修理前
IMG_20151214_113329

修理後
IMG_20151219_164949

修理前
IMG_20151214_113350

修理後
IMG_20151219_164958

いかがでしょうか。色あせていた表面は、綺麗に青く染まり、生まれ変わりました。これで、再び着る事ができますね。

革ジャンの色あせが気になったら、まずはご連絡ください

今回の革ジャンのように、塗装修理をすることで、色あせしても二再びお使い頂けるまで、甦らせることができます。 革ジャンの色あせが気になったら、まずはご連絡ください。

%e3%81%8a%e5%95%8f%e5%90%88%e3%81%9b

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際には写真をお送りください。 大切な物をいつまでも使いたい、そんなお気持ちにお応え致します。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!