【革コート】冬が来る前に・・コートの破れと傷の修理しませんか?

革研究所 小倉田川店 岩井です。

今回は革のコートについた破れ、色落ちの修理を紹介致します。

これから冬に向けて、革のコートや革ジャンを着る機会が増えるかと思います。

革のコートや革ジャンは手入れや修理を行えば、10年以上は着続ける事が出来ます。

今回ご依頼頂いたコートも、10年以上前に購入されたものでした。

昔買った革のコート、もう一度使いたい!

今回は福岡県田川市にお住まいの方からのご依頼でした。

「10年以上前に知り合いから買ったんだけど、ボロボロになっているから修理したい!」

早速お預かりした所、コートはこのような状態でした。

全体
img_20160329_171549

①色落ち
img_20160329_171555

img_20160329_171607

img_20160329_171742

img_20160329_171621

表面の塗料が剥がれ、色落ちしています。特に肩と前面の色落ちが激しい状態でした。

②ボタン部分の破れ
img_20160329_171821

本来はボタンがついていた部分なのですが、ボタンをどこかに引っ掛けた際に、破ってしまったとの事。

このように全体的に傷んでいる状態でしたが、可能な限り質感を損なわず、修理をさせて頂きました。

修理をさせて頂く事で、傷や色あせも気にならず、再びお使い頂く事ができます。

 

革の破れと色落ちを直す3つのステップ

①ボタン部分の破れ補修
img_20160331_173813

最初に、全体の汚れをクリーニングで取り除きます。その後は破れた部分の補修を行います。

破れて穴の開いている部分に裏からラムレザーを貼り付けます。外れたボタンを入れ込みながら、破れた部分を貼り合わせます。

裏から革を当てる事で、貼り合わせた個所の強度を高めます。さらに、ラムレザーは柔らかいので、貼り合わせた部分に柔軟性が出ます。

貼り付けが終わったら、樹脂で破れていた個所を塞ぎます。完全に破れ痕をなくす事はできませんが、ある程度傷跡が目立たなくなります。

②全体的な傷補修
img_20160401_113952

色あせしていた個所をみると、表面が毛羽立ち、傷が入っていました。傷が深い個所には黒い塗料を混ぜた樹脂を流し込みます。この作業を行う事で、傷が目立たなくなります。

③全体塗装
img_20160427_131834

傷の補修が終わったら、塗装を行います。塗料を定着させる為下地剤を擦り込みます。その後スプレーガンで色をつけていきます。塗装と乾燥を繰り返す事で、しっかりしたと塗料の膜が出来上がります。

甦った革のコート Before After

修理を行った結果、コートはこのようになりました。

①全体塗装
修理前
img_20160329_171549

修理後
img_20160505_161944

全体写真ではわかりにくいですが、拡大してみると・・・

修理前
img_20160329_171555

修理後
img_20160505_162007

しっかりと黒くなりました。ほかの部分もこの通りです。

修理前
img_20160329_171621

修理後
img_20160505_162055

修理前
img_20160329_171656

修理後
img_20160505_162126

修理前
img_20160329_171714

修理後
img_20160505_162144

全体的に白くなっていましたが、修理後は綺麗な黒に染まりました。新品同然、とまではいきませんが、違和感のない仕上がりになっています。

②ボタン部分の破れ補修
修理前
img_20160329_171821

修理後
img_20160505_162209

破れ補修をした結果、多少の跡は残りましたが、しっかりと破れが直りました。

革ジャンやコートでお悩みならば、ぜひご相談ください!

修理の終わったコートをお見せした所、とても喜んで頂きました。

「これで今年の冬はこのコートを着ることができます!」

せっかく買った革ジャンやコート、色あせが気になる方は、まずはお気軽にご相談ください。

%e3%81%8a%e5%95%8f%e5%90%88%e3%81%9b

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際にはバッグの写真をお送りください。

大切な物をいつまでも使いたい、そんなお気持ちにお応え致します。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

 

Follow me!