グッチのバッグについた傷 塗装修理で甦ります!【GUCCI】

革研究所 小倉田川店 岩井です。

グッチのバッグはダブルGのモノグラムが特徴的ですね。しかし、長く使用していると、革の部分に傷や色あせがついてしまい、目立ってしまいます。

本日は色あせしたグッチのバッグ修理を紹介いたします。

傷ついてきたから、クローゼットにしまっていました(笑)

今回のご依頼は、以前に修理をご依頼頂いたお客様から、お声がけ頂きました。

「革のところに細かい傷がついてしまって、クローゼットに入れっぱなしにしていたんですよね。直せますか?」

別の革製品の修理をさせて頂いた際、今回のバッグの事を思い出して、再度連絡したとの事。早速お預かりして確認した所、バッグはこのような状態でした。

img_20151125_102049

img_20151125_102114

img_20151125_102154

img_20151125_102214

img_20151125_102227

今回の部分は、底部および上部、持ち手に革が使用されていますが、全体的に細かい傷や色あせ、色落ちが見られました。

状態を確認したうえで、今回は革の部分への塗装修理を行う事に致しました。

傷を直してスッキリした見た目が甦る3つのステップ

今回はバッグを甦らせる為に3つのステップを踏んで修理します。

①クリーニング
img_20160913_184156
※写真はイメージです

表面についた汚れや油分をクリーニング剤で取り去ります。

表面の汚れが残ったままになると、後のステップで塗装が剥がれてしまうので、丁寧に表面を洗浄します。

②色づくり
img_20161014_090749
※写真はイメージです

色づくりは、塗装の仕上がりが決まる重要なステップです。

革製品は製品ごとに色が微妙に異なるので、毎回赤や青、茶色などの塗料を混ぜ合わせて、本来の革の色に近い塗料を作成します。

この塗料に溶剤を混ぜ合わせて、塗装の工程に入ります。

③塗装とコーティング
img_20160427_131829
※写真はイメージです

塗装を行う事で、傷ついた革製品は甦っていきます。最初は塗料を溶剤で溶かした下地材を革の表面に擦り込みます。この作業によって、塗料が剥がれにくくなります。

img_20160304_105132
※写真はイメージです

下地処理が終わったら、塗装に入ります。スプレーガンに溶剤と混ぜ合わせた塗料を入れて、ゆっくり塗装を行います。塗装と乾燥を繰り返し行う事で、塗料がより定着します。

最後に色止めのために、全体をコーティングして修理は完了となります。

このような3つのステップを行う事により、傷の入ったグッチのバッグは、再び使えるように甦ります。

修理で甦ったグッチのバッグBefore After

今回の修理では、グッチのバッグはこのようになりました。

全体
修理前
img_20151125_102049

修理後
img_20151128_192812

バッグ上部
修理前
img_20151125_102227

修理後
img_20151128_192911

修理前
img_20151125_102231

修理後
img_20151128_192901

底部
修理前
img_20151125_102214

修理後
img_20151128_192830

修理前
img_20151125_102200

修理後
img_20151128_192845

いかがでしょうか。今回の傷は比較的浅い傷だったので、塗装修理のみで、ほとんどわからなくなり、違和感のない仕上がりになりました。

お客様に甦ったバッグをお渡しした所、このように仰って頂きました。
「こんなにきれいになるんですね!これで、もう一度このバッグを使う事ができます!」

グッチのバッグの傷や色あせが気になったら、まずはご相談ください

大切なバッグだけど、傷や色あせが気になって使えない。けどもったいないから、クローゼット入れたまま。

でも、それってもったいないと思いませんか?当店では、そのもったいない、と思う気持ちにお応えしたいと考えております。

大事なバッグの傷が気になったら、まずはご連絡ください。

%e3%81%8a%e5%95%8f%e5%90%88%e3%81%9b

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際には写真をお送りください。 大切な物をいつまでも使いたい、そんなお気持ちにお応え致します。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!