【ゴヤール】持ち手が切れた?持ち手交換で修理できます。

革研究所 小倉田川店の岩井です。

本日はゴヤールの持ち手修理を紹介いたします。

ゴヤールの持ち手は細く持ちやすいデザインですが、長く使っているとどうしても切れる事があります。

そのようなバッグが当店の修理でどのように生まれ変わるか、ご覧ください。

持ち手が切れそうなんです!修理できますか?

今回のお客様はLINEにてお問い合わせを頂きました。

「ゴヤールの持ち手が切れそうなんです。修理ってできますか?」

バッグを確認するとこのような状態になっておりました。






このように持ち手の革が切れてしまっています。持ち手部分が縫製されているので、持ち手自体は何とか繋がっている状態です。

流石にこの状態では、いつ切れるか分からないので、使う事はできませんね。

このような持ち手が当店の修理によって、どのように生まれ変わるのかご覧ください。

生まれ変わったゴヤールのサンルイ Before After

修理前


修理後


今回は新しい持ち手を作成し、全体を交換致しました。

これで、いつ持ち手が切れるか、ヒヤヒヤする事もなくなりますね。

 

修理費用はいくら?どうやって依頼するの?

今回の修理費用は以下の通りです。

持ち手交換 20000円(消費税および送料別)

修理期間は1か月~1か月半程度頂いております。

修理のご依頼の方法については、こちらに詳しく記載しておりますので、ご覧ください。

 

持ち手が切れてお困りなら、まずはご相談ください。

修理の完了したゴヤールをお返しした所、とてもご満足いただけました。

バッグの持ち手が切れてしまうと、当然バッグそのものが使えなくなります。

ですが、せっかく気に入って購入されたものですから、できるだけ長く使いたいですよね。

ゴヤールの持ち手でお困りであれば、まずはご相談ください。

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際には写真をお送りください。

大切な物をいつまでも使いたい、当店はそんなお気持ちにお応え致します。

ゴヤールの修理をもっと知りたい方はこちらへどうぞ。

 

Follow me!