ゴヤール サンルイ 持ち手の色移りでお悩みですか?まずはご相談ください。

革研究所 小倉田川店 岩井です。

本日はゴヤール サンルイに起きた、持ち手の色移りについて紹介いたします。

当店では以前からゴヤールの持ち手の修理をご依頼頂いております。

特に、持ち手の樹脂が剥がれてしまい、服についてしまうという事でご相談を頂く事が多くなっております。

今回ご紹介するゴヤールも、衣服への色移りがひどい状態でした。

大事な服に、色移りしてしまったんです!何とかなりませんか?

今回のお客様は当店のブログをご覧頂き、お問い合わせ頂きました。

「持ち手の色が落ちてしまって、服についてしまったんです!捨てるのはもったいないし、何とかなりませんか?」

早速バッグをお預かりして確認した所、このような状態になっていました。

写真の通り、持ち手部分がボロボロになっており、手で触るとべたついています。

これがどのように生まれ変わるのか、ご覧ください。

生まれ変わったゴヤールサンルイの持ち手 Before After

修理を行った持ち手はこのように生まれ変わりました。

修理前

修理後

修理前

修理後

いかがでしょうか。

修理前は表面が凸凹して、べたついていましたが、修理後は全くべとつかなくなりました。

凹凸もなくなっているので、手で持った時に違和感なく、持つことができます。

当然、肩にかけても色移りはしなくなりました。

これで、洋服への色移りも気にならずに使い続ける事が出来ますね。

ゴヤールの持ち手の色移り 原因は樹脂の劣化! どうやって修理するの?

ゴヤールのサンルイを長く使っていると、持ち手の部分がべとついてくる事があります。

これは、持ち手の側面に塗られている樹脂の劣化が原因です。空気中の水分などと反応した樹脂は、ゆっくりと劣化していきます。

この劣化して、べたべたした樹脂が服

しゅなどについてしまうのです。

当店では、以下の手順で修理を行います。

1.古い樹脂を剥がす
2.表面を削って整える
3.新しい樹脂を塗る。

このような流れによって、持ち手のべたつきや色移りを防ぐことができるのです。

修理費用はいくらなの?どうやって依頼すればよいの?

当店の修理費用は基本的に定額としております。

今回のような状態のゴヤールの場合、費用は下記の通りとなります。

持ち手修理
4800円

費用は送料および消費税別となります。

修理期間は3週間程度頂いております。

修理のご依頼の方法については、こちらに詳しく記載しておりますので、ご覧ください。

持ち手の色移りでお困りなら、まずはご相談ください。

修理の完了したゴヤールをお返しした所、とてもご満足いただけました。

どんなに大事なバッグでも、持ち手が色移りするのであれば、お出かけに持っていく事はできないですよね。

お困りであれば、まずはご相談ください。

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際には写真をお送りください。

大切な物をいつまでも使いたい、当店はそんなお気持ちにお応え致します。

ゴヤールの修理をもっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!