ゴヤール サンルイ 角の破れが気になったらご相談ください。

革研究所 小倉田川店の岩井です。

本日は白のゴヤール サンルイ GMの修理を紹介いたします。

ゴヤールのサンルイは生地が柔らかく、非常に使いやすいですね。

しかし柔らかいが故に長く使っていると、破れてくる事も・・・

今回の修理でどのように生まれ変わるのか、ご覧ください。

あちこち破れが目立ってきたんです!持ち手もひび割れてしまって・・・

今回のお客様は当店のブログを見てお問い合わせ頂きました。

「バッグが破れてきたんです!それも四隅だけじゃなくてほかのところも!持ち手もひびが入ってボロボロなんです!なんとかなりませんか?」

早速バッグを確認するとこのような状態になっていました。

ご覧のようにバッグの四隅が破れてしまい、裏地が見えてしまっています。まだ穴が開いている状態ではないですが、このままでは完全に破れてしまいます。

さらに、側面も2か所破れ、持ち手は大きなヒビが何か所も入っており、見た目もよくないし、気になりますよね。

今回はこの破れと持ち手の修理を行っていきます。どのように生まれ変わるのか、ご覧ください。

生まれ変わったゴヤール サンルイ GM Before After

修理を行った結果、ゴヤールはこのような形で生まれ変わりました。

修理前

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

いかがでしょうか。元が白いゴヤールなので、修理の痕が目立たなくなっております。持ち手にあったひどいひび割れも、綺麗になりました。

これで、違和感なく再びお使い頂けますね。

破れたゴヤール サンルイを甦らせる修理技術

今回のゴヤールは2つの修理を行っております。

1.破れ補修
2.持ち手補修

1.破れ補修
ゴヤール サンルイで使用されている生地は、表を樹脂で覆い、裏側はキャンパス地という布地で出来ています。

その為、修理を行う際にも同じような作りになるように修理致します。

最初に裏側から特殊なシートを貼り付け、破れた個所を補強します。その後、表に元の色に近い色に染めた樹脂を塗り、穴をふさいでゆきます。

凹凸を整えたら、色落ちを防ぐためのコーティングを行い、完了となります。

2.持ち手補修
ゴヤールの持ち手の側面は、本来樹脂でコーティングされているのですが、長く使っている内に、その樹脂劣化してしまい割れてくる事があります。

その為、持ち手を補修する際には、劣化した樹脂を一度剥がしてしまい、新しい樹脂を塗っていきます。

手に持った時に違和感が出ないように、表面を整えたら修理完了となります。

 

修理費用はいくらなの?どうやって依頼すればよいの?

今回の修理費用は以下の通りとなります。
破れ修理1か所 2400円(消費税および送料別)

今回は6か所修理したので、14400円となります。

持ち手の修理費用は4800円となります。

修理期間ですが、基本的には3週間程度頂いております。

ご依頼の方法については以下のページに詳しい方法を記載しております。

ご依頼の流れはコチラをご覧ください。

 

ゴヤールサンルイ GMの破れ、持ち手のひび割れでお困りなら、まずはご相談を!

修理のできたゴヤールをお送りした所、とても喜んで頂けました。

ゴヤールの破れが気になったら、まずはご相談ください。

内容を確認次第、すぐにご連絡致します。

また、当店ではLINE公式アカウントを作成していますので、直接メッセージで写真をお送り頂ければ、お見積りできます。

メールのやり取りは面倒でも、普段使い慣れているLINEの方がよろしければ、まずは友だち登録をお願いします。

内容が確認でき次第、すぐに返信いたします。

友だち追加

友だち登録、お待ちしております。

ゴヤールの修理をもっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!