ゴヤールの持ち手 色落ち修理【GOYARD】

革研究所 小倉田川店の岩井です。

本日は白いゴヤールのサンルイ、持ち手修理を紹介いたします。

ゴヤールに限った話ではありませんが、バッグの中で持ち手部分は常に手と触れ合う為、色落ちや色あせが発生しやすいと言えます。

今回お預かりしたバッグは、色落ちが特に目立っていました。

白いゴヤールの持ち手が、いつの間にか黒くなってしまいました・・・

今回お問い合わせ頂いたお客様は、持ち手の劣化がとても気になっておられました。

早速バッグをお預かりすると、このような状態になっておりました。

もともとは綺麗な白の持ち手だったでしょうが、写真の通り色が剥げて、黒くなっています。

さすがにここまで色落ちが激しいと、持ち歩くのも気が引けますね。

今回の修理でどのように生まれ変わるのか、ご覧ください。

生まれ変わったゴヤールの持ち手 Before After

修理前

修理後

いかがでしょうか?

色が剥げて黒くなっていた持ち手が、すっかり綺麗になりました。これで持ち歩いても違和感なく使えますね。

どんな修理内容なの?

今回の修理は、まず古くなった塗装を剥がし、表面の凹凸を平らにします。その後元の白に近い色をつくり、専用の溶剤と一緒に混ぜて塗装します。

一度に色を付けてしまうと、再び割れる可能性があるので、手早く塗装したのちに乾燥させ、再度塗装していきます。

この作業を何度か行う事で、色が定着していきます。最後に、色が落ちないようにコーティングを行い、完成となります。

 

費用はいくらかかる?依頼方法は?

今回の持ち手修理の費用は以下の通りとなります。

持ち手補修 4800円(2本)

通常、持ち手は2本ありますが、両方とも修理した場合の金額になります。

修理期間は3週間程度見て頂いております。

ご依頼の流れはこちらのページをご覧ください。

白のゴヤールの持ち手が気になったら、まずはご相談ください。

修理が完了したバッグをお送りした所、お客様にはとてもご満足いただけました。

大切なゴヤールのバッグだからこそ、長く使い続けたい。当店はそのお手伝いをさせて頂きたいと思っております。

持ち手の色落ちが気になったら、まずはご相談ください。

内容を確認次第、すぐにご連絡致します。

また、当店ではLINE公式アカウントを作成していますので、直接メッセージで写真をお送り頂ければ、お見積りできます。

メールのやり取りは面倒でも、普段使い慣れているLINEの方がよろしければ、まずは友だち登録をお願いします。

内容が確認でき次第、すぐに返信いたします。

友だち追加

友だち登録、お待ちしております。

ゴヤールの修理をもっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!