色あせしたコーチのバッグ、塗装修理でこうなります!【coach】

革研究所 小倉田川店 岩井です。

本日はコーチのバッグの修理を紹介いたします。

使いやすいバッグはいつまでも長く使い続けたいですよね。

しかし、長く使っていると、目立ってくるのが色あせや傷。

今回お預かりしたバッグも、そのように傷や色あせが全体に広がっていました。

ブラックのバックが白くなった・・・

お客様からご連絡頂き、早速バッグをお預かりしたところ、バッグはこのような状態になっていました。

こちらのバッグはもともとブラックだったのですが、いつの間にか全体的に白くなっていたそうです。

この色あせもマダラになっているので、かなり見栄えが悪くなっています。さらに、ところどころに傷も入っている状態。

お出かけに持っていくのも、ちょっとためらってしまいますね。

これが、当店の修理でどのように生まれ変わるのか、ご覧ください。

コーチのバッグが甦る、3つのステップ

今回のバッグは、3つのステップで修理を行いました。

1.クリーニング
2.表面の整形
3.色塗り

1.クリーニング
普段バッグを使う時には気が付かないですが、バッグの表面にはホコリや油分などの汚れが付いています。

汚れが付いたままになっていると、色がうまく入らない事があるので、革製品用のクリーナーや溶剤などを使い、しっかり落としていきます。

2.表面の整形
バッグは、革の表面が薄い色の膜で覆われています。バッグを使っている内に、この色の膜がはがれてしまうと、膜の下にある革本来の色が見えて、白く色が変わってしまいます。

今回のバッグは全体的に表面の膜がはがれて、肌荒れのようになっている状態でした。

この場合、先に革の表面を整えてあげないと、また劣化してしまう可能性があります。その為、特殊な方法で表面の状態を整形していきます。

この作業をが終わってから、最後のステップに進みます。

3.色塗り
白くなってしまった表面に色を塗って、本来のバッグの色に近い状態に甦らせていきます。

色を塗る時には革専用の塗料を用意するのですが、色の濃さを変えながら、色塗りと乾燥を繰り返していきます。

この作業によって、革の表面に再び色がしっかり入り、長く使い続けられるようになります。

甦ったコーチのバッグ Before After

このような修理を行った結果、コーチのバッグはこのように生まれ変わりました。

修理前

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

いかがでしょうか。

全体的に白かったバッグが、しっかりとブラックに仕上がっています。

これでお気に入りのバッグを持って出かける事も出来ますね。

修理の料金ってどれくらいかかるの?

当店のような修理サービスを利用するときには、やはり料金が気になりますよね。

高い値段するのであれば、修理を頼むか考えたいし・・・

当店では、バッグの縦のサイズ(持ち手含まず)と横のサイズを足した長さで、概算の費用を決めております。

Sサイズ(タテ+ヨコ 35cm未満):10800円

Mサイズ(タテ+ヨコ 60cm未満):13200円

Lサイズ(タテ+ヨコ 90cm未満):15600円

いずれも送料と消費税別となります。

もし、費用面でご不安な事があれば、お気軽にお問合せください。

コーチのバッグ、色あせでお困りならお問合せください!

バッグをお渡しした所、とてもご満足いただけました。

使いなれたバッグであれば、いつまでも使い続けたいですよね。

当店はそのようなお悩みを解決できるよう、お手伝いさせて頂きますので、まずはご相談ください。

内容を確認次第、すぐにご連絡致します。

また、当店ではLINE公式アカウントを作成していますので、直接メッセージで写真をお送り頂ければ、お見積りできます。

メールのやり取りは面倒でも、普段使い慣れているLINEの方がよろしければ、まずは友だち登録をお願いします。

内容が確認でき次第、すぐに返信いたします。

友だち追加

友だち登録、お待ちしております。

当店の修理サービスの流れはこちらをご覧ください。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

 

Follow me!