ゴヤールのバッグ 持ち手修理で生まれ変わります。

こんにちは。

革研究所の岩井です。

今日はゴヤールのバッグの持ち手修理を紹介します。

当店ではゴヤールのバッグの修理を多くご依頼頂いています。

その中でも持ち手についてのご相談は特に多いです。

「持ち手の色が服についてしまったんです・・」「持ち手がベタベタしてきて・・・」

今回ご紹介するゴヤールのバッグも、持ち手のトラブルでお悩みのお客様からお預かりしたものになります。

持ち手がべたついているんですが、修理できますか?

今回のお客様は当店のLINE公式アカウントからお問い合わせを頂きました。

「そちらのホームページを見てご連絡しました。持ち手のベタツキがひどいんですが、修理できますか?」

早速バッグをお預かりすると、こんな状態になっていました。







持ち手をアップにした写真を見ると、すっかり色が変わっているのがわかります。

持ち手表面の樹脂が溶けてべたついてしまっているため、表面に汚れがついていたり、持ち手の地の色が出ているので、変色したように見えます。

さすがにこの状態のバッグを使い続けるのは難しいですよね。

今回は持ち手の側面に塗られている樹脂をはがして、新しい樹脂を塗る方法で修理を行いました。

どのように生まれ変わったのか、ご覧ください。

生まれ変わったゴヤールの持ち手 BeforeAfter

修理前



修理後


いかがでしょうか。

パッと見ただけでも、変色していた持ち手が白く生まれ変わっています。

もちろんべたつきは一切なくなりましたので、持ち手を気にせずバッグを持ち歩くことができますね。

修理の値段はいくら?日数はどれくらいかかるの?

今回の修理のお値段は以下の通りです。

持ち手修理  5280円
※送料別

修理期間は1か月から1か月半程度頂いております。

ゴヤールの持ち手が気になったら、まずは連絡ください。

修理が終わったバッグをお返ししたところ、「新品のようになって戻ってきてうれしいです!」ととても喜んで頂けました。

ゴヤールの持ち手のべたつきお困りでしたら、まずは3つの方法のいずれかにてお問い合わせください。

内容を確認次第、すぐにご連絡致します。

1.LINE公式アカウント(オススメ)

友だち追加

友だち追加をタップして頂くと、当店にLINEが送られるようになります。

修理を希望される品物の写真をお送り頂き、気になっている部分をお伝えください。

内容確認後、見積金額をお伝えします。

2.電話


電話:050-3696-4171
上のボタンをタップすると電話がつながります(スマートフォンのみ)
※受付時間 10:00~19:00 不定休

お電話頂ければ状況を伺った上での概算見積もりなどをお伝えします。

運転中や作業中など、電話に出られない場合は折り返し致します。

折り返しをお待ち頂くか、LINEもしくはお問い合わせフォームからご連絡ください。

3.お問い合わせフォーム



必要事項入力後、当店からメールにて返答致します。

携帯電話会社のメールアドレスをお使いの場合、当店からのメールが届かない場合があります。

その際はLINEもしくは電話にてご連絡ください。

ほかのゴヤールの修理事例はこちらからご覧いただけます。




 

Follow me!