ゴヤール トートのマーカージュ はがれた部分を塗装しました

革研究所 小倉田川店 岩井です。

本日はゴヤールのトートバッグのマーカージュ塗装を紹介いたします。

ゴヤールが行っているサービスの一つに、バッグへのマーカージュ塗装がありますね。

様々な色のイニシャルやラインを入れて、自分好みにカスタマイズできるマーカージュはとても魅力的です。

しかし、このマーカージュも長く使っている内にはがれてくる事があります。

今回ご紹介するトートは、マーカージュのはがれだけではなく他のトラブルも起きていました。

マーカージュがはがれているんです。ベタつきも綺麗にしてほしいんです。

今回のお客様はHPをご覧いただき、電話にてお問い合わせ頂きました。

「マーカージュがはがれてしまったんです。それを隠すためにワッペンを自分でつけたんですけど、ベタベタもついてしまいました。何とかなりますか?」

早速バッグをお預かりすると、このような状態になっておりました。









マーカージュの上の方が完全にはがれていまっています。

写真ではわからないですが、はがれた部分はベタベタしており、このままでは、バッグを使い続ける事はできないような状態です。

このトートバッグがどのように生まれ変わるのか、ご覧ください。

生まれ変わったゴヤール Before After

修理前



修理後



修理前



修理後



修理前



修理後



いかがでしょうか。はがれていたマーカージュが再び生まれ変わりました。

もちろんベタベタは完全に取り除いています。

マーカージュがはがれて持ち歩く事が出来なかったゴヤールも、これで再び使う事ができますね。

ゴヤールのマーカージュ塗装って何をしているの?

今回の塗装修理はこのような作業を行っています。

1.クリーニング

最初に塗装を行う面についている汚れを、溶剤などでキレイにしていきます。

特に今回はワッペンの接着剤が表面にたくさんついているので、これらを完全にはがしていきます。

表面がキレイになったら、塗装をおこないます。

2.塗装

塗装を行う為には、最初に塗装する色をつくる必要があります。

今回のトートに残っているマーカージュから、新しく色を混ぜ合わせて塗料を作っていきます。

塗料が完成したら、塗装する為に塗料を溶剤に溶かし、スプレーガンという器具で吹き付けていきます。

色ムラなく塗装ができたら、最後の作業を行います。

3.コーティング

塗装したマーカージュを定着させる為、最後にコーティングを行います。

コーティング剤を作り、塗装の時と同じようにスプレーガンでムラなく吹き付けていきます。

最後にしっかり乾燥させて、修理完了となります。

修理費用はいくら、どれくらい修理期間がかかるの?

今回の修理費用は以下の通りです。

マーカージュ塗装 4800円~
※消費税および送料別)

マーカージュが複雑な場合、追加で料金を頂く場合がありますので事前にお問い合わせください。

修理期間は1か月程度頂いております。

ゴヤールのマーカージュ塗装修理をご希望であれば、まずご相談ください。

修理の完了したトートをお返しすると、大変喜んで頂けました。

ゴヤールのマーカージュの修理をお考えでしたら、まずは3つの方法のいずれかにてお問い合わせください。

内容を確認次第、すぐにご連絡致します。

1.LINE公式アカウント(オススメ)

友だち追加

友だち追加をタップして頂くと、当店にLINEが送られるようになります。

修理を希望されるモノの写真をお送り頂き、気になっている部分をお伝えください。

内容確認後、返信いたします。

2.電話

電話:050-3696-4171
※受付時間 10:00~19:00 不定休

お電話頂ければ状況を伺った上での概算見積もりなどをお伝え致します。

運転中や作業中など、電話に出られない場合は折り返し致します。

折り返しをお待ち頂くか、LINEもしくはお問い合わせフォームからご連絡ください。

3.お問い合わせフォーム



必要事項入力後、当店からメールにて返答致します。

携帯電話会社のメールアドレスをお使いの場合、メールが届かない場合があります。

その際はLINEもしくは電話にてご連絡ください。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

 

Follow me!