ゴヤール アンバサード 塗装修理で生まれ変わる

革研究所 小倉田川店 岩井です。

本日はゴヤール アンバサードの塗装修理を紹介いたします。

ゴヤールと言えば、トートバックタイプのサンルイのイメージが強いですが、ビジネスバッグとしても使える、アンバサードというシリーズもありますね。

四隅を革で補強された非常に使いやすそうなバッグですが、長く使っていると色が落ちてくる事があります。

今回紹介するバッグも、持ち手を中心に色落ちしている状態でした。

持ち手が色落ちで黒くなったんです。修理お願いできますか?

今回は、当店の修理サービスをご利用いただいたお客様から、再びご依頼頂きました。

「この間はありがとうございました。今持っているゴヤールのバッグなんですが、持ち手が黒く色落ちしてしまっているんです。塗装修理できないですかね?」

早速バッグをお預かりした所、このような状態になっておりました。


















持ち手を見ると、本来グレーだった色が黒くなっています。これは変色している訳ではなくて、持ち手の表面に塗装されていたグレーが剥がれてしまっている状態です。

他にも、四隅の革の部分も黒く色落ちしています。

ここまで色落ちしていると、やはり気になって持ち歩くのをためらってしまいますね。

この状態のバッグがどのように生まれ変わるのか、ご覧ください。

生まれ変わったアンバサード Before After

修理前



修理後



修理前
 


修理後



修理前



修理後



修理前



修理後



修理前



修理後



修理前



修理後



いかがでしょうか。

色落ちしていた持ち手は、しっかりとしたグレーに生まれ変わりました。

まばらに色落ちしていた四隅も、違和感なくグレーに染まっています。

ここまで生まれ変わったら、外に持ち出すのも抵抗がなくなりますね。

ゴヤール アンバサードを生まれ変わらせる修理方法

今回のバッグは、以下の方法で修理を行っております。

クリーニング

最初にバッグ全体のクリーニングを行います。革用のクリーニング剤や溶剤を使って、表面の汚れを落としていきます。

この時、古くなった塗料が剥がれる事があります。この古い塗料はそのままにしていると、塗装した際に色が定着しなくなります。

その為、クリーニングの際には古くなった塗料も一緒に剥がしてしまいます。

塗装

クリーニングが終わったら塗装の準備を行います。今回はゴヤールの生地の部分は塗装せずに、持ち手を含む革の部分のみを塗装します。

その為、生地に塗料がつかないように、マスキングテープを使って生地の部分を覆っていきます。

マスキングが完了したら、革の色に近い塗料を作成し、スプレーガンという器具で塗装を行っていきます。

塗装が完了したら、しっかり乾燥させて最後の工程に移ります。

コーティング

最後に、色落ちを防ぐために、塗装した個所にコーティングを行います。

専用のコーティング剤を調合したら、スプレーガンにてムラなく塗装します。

コーティングが終わったら、再度しっかりと乾燥させて、修理完了となります。

料金っていくらかかるの?修理ができるまでの流れは?

今回の修理費用は以下の通りとなります。

全体塗装:13200円
※消費税および送料別

ご依頼の流れについてはこちらに詳しく記載しております。

 

ゴヤール アンバサードの修理をお考えなら、まずはご連絡ください!

修理の終わったバッグをお送りした所、とても喜んで頂けました。

お手持ちのバッグを何とか使えるようにしたい。そのようにお考えなら、まずはご相談ください。

下の写真からお問い合わせ頂くと当店にメールが送られますので、確認次第すぐに返信させて頂きます。



また、当店ではLINE公式アカウントを用意しております。

友だち登録して頂き、メッセージを送って頂ければ返信致します。

友だち追加

大切な物をいつまでも使いたい、当店はそんなお気持ちにお応え致します。
ゴヤールの修理をもっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!