バッグ内張り交換 修理でスッキリできます

革研究所 小倉田川店 岩井です。

本日はバッグの内貼り交換を紹介いたします。

「大切なバッグを長く使いたい。」

お気に入りのブランドのバッグをお持ちであれば、どなたでもそう思いますよね。

しかし、大切なバッグをクローゼット等に大事にしまっていると、いつの間にかバッグの内側がべたつき、ボロボロになってしまう事が・・・

今回ご紹介するバッグも、内側の劣化がひどい状態でした。

バッグの内貼りがベタベタなんです。修理できますか?

本日のお客様はHPをご覧頂き、電話にてお問い合わせ頂きました。

「バッグをクローゼットに保管していたんですが、いつの間にか内貼りがベタベタのボロボロで・・・修理できますか?」

早速バッグをお預かりすると、このような状態になっていました。









バッグの内側がベタベタしており、触ると黒い粉のようなものが手についてきます。

このままの状態では、バッグの中に物を入れると汚れてしまいます。さすがにこのままでは、使い続ける事はできないですね。

こちらのバッグが当店の修理により、どのように生まれ変わったのかご覧ください。

生まれ変わったバッグの内貼り Before After

修理前



修理後


修理前



修理後


いかがでしょうか。今回は内貼りを全て剥がして、新しい生地に張り替えています。

通常、バッグの内貼りのべたつきは、空気中の水分と内貼りの生地が反応して、生地が劣化してしまう事が原因として挙げられます。

半面、この生地はシャンタン地という水分などにも強い布を使っています。

その為、これまで内貼りで使われていた生地とは違い、空気中の水分によってべたつく事がありません。

よって、内貼りを気にすることなく、今まで以上に長くバッグを使い続ける事ができます。

修理の値段はいくら?どうやって依頼するの?

今回の修理のお値段は以下の通りです。

内貼り交換 31000円~

内貼りの交換費用は、内側のポケットやファスナーなどの有無によって異なります。修理を行う前に、詳細な費用をご説明いたします。

※消費税および送料別

修理期間は3週間程度頂いております。

ご依頼の流れについては、こちらをご覧ください。

バッグの内貼り修理をお考えなら、まずはご相談ください。

修理が終わったバッグをお客様にお返しすると、とても喜んで頂けました。

バッグの内貼りがべたついてお困りでしたら、まず当店にお問い合わせください。

すぐにメールを返信させて頂きますので、お問合せの際には写真をお送りください。

また、当店ではLINE公式アカウントを作成していますので、直接メッセージで写真を送って頂ければお見積りができます。

普段使い慣れているLINEの方がよろしければ、まずは友だち登録してから、写真をお送りください。

内容が確認でき次第、すぐに返信いたします。

友だち追加

ご連絡をお待ちしております。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!