ゴヤールのトート 持ち手の修理 

革研究所 小倉田川店 岩井です。

本日はゴヤール サンルイの持ち手修理を紹介いたします。

ゴヤールの持ち手で起こるトラブルとして、持ち手にヒビ割れが入る事があります。

今回ご紹介する持ち手も、ヒビ割れが目立っている状態でした。

持ち手がヒビ割れたんです。修理お願いできますか?

今回のお客様はLINE公式アカウントからお問い合わせ頂きました。

「持ち手のヒビ割れが気になるんで、修理してもらえますか?」

早速バッグをお預かりすると、このような状態になっておりました。






持ち手側面に悲しいくらいヒビが入っています。

このままでは、手で持った際にヒビ部分が気になりますし、何より見た目が悪いですよね。

当店の修理によって、どのように生まれ変わるのかご覧ください。

生まれ変わったゴヤールのトート Before After

修理前



修理後



修理前



修理後


いかがでしょうか。

持ち手のひび割れはすっかり見えなくなりました。もちろん、見た目だけではなく触った時の感触も良くなっています。

これで、持ち手を気にする事なく持ち歩く事が出来ますね。

持ち手の修理って何をしているの?

今回の持ち手の修理は以下の方法を行っております。

ヒビ割れ埋め

今回の持ち手は表面の樹脂だけではなく、革部分までヒビ割れていました。

その為、最初にヒビを埋めるための作業を行っています。柔軟性のある補修剤をヒビ部分に詰めて、表面を削って下地を作っていきます。

樹脂塗装

ヒビが埋まったら、表面に樹脂を塗ります。この樹脂は非常に柔軟性があるため、持ち手のカーブ部分にもしっかり定着して、持ち手を保護する事が出来ます。

樹脂の塗装が完了したら、しっかり乾燥させてこの工程は終了となります。

コーティング

最後に樹脂の表面をさらに保護する為に、表面にコーティングを行います。専用のコーティング剤を調合して、スプレーガンという器具でムラなく塗っていきます。

表面が乾燥したら、作業は完了となります。

料金っていくらかかるの?修理ができるまでの流れは?

今回の修理費用は以下の通りとなります。

修理持ち手修理:4800円
※消費税および送料別

 

ご依頼の流れについてはこちらに詳しく記載しております。

 

ゴヤールのトートの持ち手でお困りなら、まずはご連絡ください!

修理の終わったバッグをお送りした所、お客様はとてもご満足いただけました。

長い間愛用してきたゴヤール。その持ち手が気になったら、まずはご相談ください。



また、当店ではLINE公式アカウントを用意しております。

友だち登録して頂き、メッセージを送って頂ければ返信致します。

友だち追加

大切な物をいつまでも使いたい、当店はそんなお気持ちにお応え致します。
ゴヤールの修理をもっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!