ゴヤール サンルイ 溶ける持ち手の修理

革研究所 小倉田川店 岩井です。

本日はゴヤール サンルイの持ち手修理を紹介いたします。

ゴヤールのサンルイはとても使いやすいデザインをしていますね。

持ち手部分は適度な長さで手に持つことも出来ますし、肩掛けして利用する事も出来ます。

しかし、長く使っていると様々な理由によって、持ち手が溶けてくる事が・・・

さらに、持ち手が溶けてしまった事に気づかずに肩掛けをすると、洋服に色移りしてしまいます。

今回ご紹介するバッグも、持ち手が気になる状態になっていました。

 

持ち手が溶けてきたんです・・・修理できますか?

今回のお客様はLINE公式アカウントからお問い合わせ頂きました。

「持ち手がベタベタに溶けてきてしまって・・・洋服も汚れてしまったんです。修理お願いできますか?」

バッグをお預かりすると、このような状態になっていました。












目で見てわかるくらい、持ち手の表面が溶けてしまいます。さらに、手で触るとベタついていました。

このままでは、このゴヤールのサンルイを使い続ける事をためらってしまいますね。

この持ち手がどのように生まれ変わるのか、ご覧ください。

生まれ変わったゴヤール サンルイ Before After

修理前



修理後



修理前



修理後



修理前



修理後



いかがでしょうか。

べたつきは完全になくなり、手で持っても違和感なく仕上がっています。

もちろん色移りもしなくなりましたので、肩かけで使っても、洋服を汚す事は一切ありません。

ゴヤールを生まれ変わらせる修理方法

今回のゴヤールについては、下記の方法で修理を行っております。

古い樹脂の除去

ゴヤールの持ち手は長く使っている内に、持ち手側面の部分に塗られている樹脂の部分が溶けてきます。

その為、新しい樹脂を塗って溶けた部分を改善するのですが、この古い樹脂が残ったままでは、すぐにひび割れなどのトラブルを引き落としてしまいます。

そこで、最初に古くなった樹脂を剥がす作業を行います。

持ち手の側面に細いナイフを当てて、溶けて柔らかくなっている樹脂をゆっくり剥がしていきます。

古い樹脂が剥げたら表面を平らにする為、少し削っていきます。

新しい樹脂の塗装

古い樹脂を剥がしたら、今度は新しい樹脂を塗っていきます。

ゴヤールの持ち手に合った色を作成して、それを柔軟性の高い樹脂に混ぜて、表面に塗っていきます。

何度か塗装と乾燥を繰り返して、表面に光沢が出てきたら、樹脂の塗装は完了となります。

その後は持ち手の色あせや黒ずみを無くすために、塗料をスプレーガンで吹き付けて、見た目を良くします。

コーティング

最後に新しい樹脂を保護するためのコーティングを行います。

専用のコーティング剤を用意して、スプレーガンによってムラなく塗っていきます。

最後にしっかり乾燥させて修理完了となります。

料金っていくらかかるの?修理ができるまでの流れは?

今回の修理費用は以下の通りとなります。

修理持ち手修理:4800円
※消費税および送料別

 

ご依頼の流れについてはこちらに詳しく記載しております。

 

大切なゴヤール サンルイでお困りであれば、まずはご連絡ください!

修理の終わったバッグをお送りした所、お客様はとても喜んでいらっしゃいました。

長い間愛用してきたゴヤール。その持ち手が溶けてきたら、まずはご相談ください。



また、当店ではLINE公式アカウントを用意しております。

友だち登録して頂き、メッセージを送って頂ければ返信致します。

友だち追加

大切な物をいつまでも使いたい、当店はそんなお気持ちにお応え致します。
ゴヤールの修理をもっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!