ルイヴィトン ファスナーの引き手が壊れても修理できます 

革研究所 小倉田川店 岩井です。

本日はルイヴィトンのバッグ、ファスナー修理を紹介いたします。

バッグの中でもファスナーの引き手が壊れてしまうと、ファスナーの開け閉めが出来ずに非常に困りますよね。けれど、バッグそのものは使えなくなっている訳ではないので、買い替えるのも勿体ない・・。

今回ご紹介するバッグもそのような状態でした。

バッグのファスナーが壊れたんです。修理できますか?

今回のお客様はHPで当店の事をお知りになり、ご連絡頂きました。

「バッグのファスナーが壊れてるんです。修理してもらえませんか?」

バッグを確認するとこのような状態になっておりました。






写真の通り、ファスナーの引き手がなくなっています。引き手の方はどこに行ったのか、わからなくなってしまったそうです。

その為、新しい引き手の取り付けを行いました。

生まれ変わったルイヴィトンのバッグ Before After

修理前



修理後



修理前



修理後



いかがでしょうか?

ルイヴィトンの正規の金具を用意する事はできないので、引き手のデザインは変わっていますが、使用する分には全く問題ありません。

これで、今まで通りお使い頂けますね。

修理費用はいくら?どうやって依頼するの?

今回の修理の費用は下記の通りです。修理費用については、修理前にお見積りをお出ししております。

部分塗装修理 4000円~
(消費税および送料別)

修理期間は3週間程度頂いております。

ご依頼の流れについては、こちらをご覧ください。

ルイヴィトンのファスナーの引き手修理をご希望でしたら、まずはご相談ください。

修理の終わったバッグをお客様にお渡しした所、とても喜んで頂けました。

ルイヴィトンのファスナーが壊れてお困りでしたら、まず当店にお問い合わせください。

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際には写真をお送りください。

また、当店ではLINE公式アカウントを作成していますので、直接メッセージで写真をお送り頂ければ、お見積りできます。

普段使い慣れているLINEの方がよろしければ、まずは友だち登録をお願いします。

内容が確認でき次第、すぐに返信いたします。

友だち追加

ご連絡をお待ちしております。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

 

Follow me!