シャネルのバッグ、黒ずみやよごれが気になったらご相談ください【Chanel】

革研究所 小倉田川店の岩井です。

本日はシャネルのバッグについた黒ずみの修理を紹介いたします。

12月に入り、何かと出かける事が多いかと思いますが、そんな時クローゼットにしまっていたバッグを出すと、黒いシミやカビが・・・そんな事ってありませんか?

ハイブランドのバッグなら、簡単に捨てるわけにはいかず、どうしようと悩んでしまうかと思います。

そんな時には、これからご紹介するブログをご覧ください。きっとお役に立てると存じます。

久々にバッグを出したら、カビのシミが・・・・

今回のお客様は、当店のブログをご覧いただき、お問合せ頂きました。

「バッグをクローゼットから出したら、カビがとてもひどくて・・・カビはふき取ったんですけど、黒ずみが残ってしまったんです・・なんとかなりますか?」

当店のある福岡県の筑豊地域からのお問合せだったので、直接お伺いしバッグを拝見させて頂きました。

バッグを拝見させて頂くと、表面にしっかりとしたカビの痕が見えます。また、バッグの内側にはボールペンと思われる線が入っています。

さらに、長年使われていることもあり、バッグの四隅が擦れて白くなっています。

このままの状態で持ち歩くのは、さすがに抵抗がありますよね。かといって、バッグそのものが破れている訳ではないから、処分するのももったいない・・・

できれば、また使えるようになると、とても良いですよね。

そこで、当店では塗装修理によって、再びお使い頂けるようにお手伝いをさせて頂きます。

どのように生まれ変わるか、ご覧ください。

バッグを生まれ変わらせる3つのステップ

今回の修理では、3つの手順を踏んでいます。

1.クリーニング
2.全体塗装
3.コーティング

1.クリーニング
最初に、表面に残っている余計な汚れや油分を落としていきます。この処理を行う事で、塗装の際に色が均一で綺麗に入っていきます。

カビが革についてしまった場合、表面のカビを落としても、革や表面の塗装部分に黒いシミが残ります。このシミは溶剤などでは落ちないので、革の劣化を防ぐため、ある程度でクリーニング処理を止めます。

2.全体塗装
クリーニングが終わったら、全体を塗装していきます。色がきちんと入るように、何度か塗装と乾燥を繰り返して、ゆっくりと作業を行います。

今回のバッグは持ち手の一部がチェーンになっていたので、チェーンを分解して中の革のストラップ部分を取り出し、こちらも塗装しました。

3.コーティング
塗装と乾燥が完了したら、色が落ちないようにするためにコーティングを行います。このコーティングには新しい汚れが付きにくくなる効果もあります。

このような修理を行う事で、大切なシャネルのバッグは生まれ変わり、再びお使いいただく事が出来るようになります。

甦ったシャネルのバッグBefore After

修理が終わったバッグはこのような状態になりました。

修理前
 

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

いかがでしょうか。

大きく目立っていたカビの黒ずみはすっかり見えなくなりました。それからボールペンの痕も見えません。

角についていた白いスレも色が入り、ほとんどわからなくなりました。

これで気にすることなく、外に持っていって使う事が出来ますね。

バッグのカビ、シミや汚れが気になったらまずはご相談を!

お客様にバッグをお渡しした所、とても喜んで頂きました。

「これで、また使い続ける事ができます!本当にありがとうございました!」

大事なバッグはクローゼットなどへ、大切に保管されている事が多いかと存じます。しかし、保存方法によっては、どうしてもカビが生えてしまう事も・・・

そんな時には、まず当店にご連絡ください。

また、当店ではLINE@を導入しており、直接メッセージで写真をお送り頂ければ、お見積りできます。

メールのやり取りは面倒でも、普段使い慣れているLINEの方がよろしければ、まずは友だち登録をお願いします。

内容が確認でき次第、すぐに返信いたします。

友だち追加

友だち登録、お待ちしております。

当店の修理サービスの流れはこちらをご覧ください。

 

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!