ヴィトンのバッグ、気になる持ち手の黒ずみ【ヴィトン】

革研究所 小倉田川店 岩井です。

本日はヴィトンのバッグの持ち手交換を紹介いたします。

バッグの持ち手って長く使っていると、どうしても黒ずんできますよね。

特にヴィトンのバッグの場合、持ち手がヌメ革という塗装されていない革を利用しているので、黒ずみが発生しやすくなります。

今回の紹介するバッグも、持ち手の黒ずみがひどい状態でした。

黒くなったヴィトンの持ち手・・・

今回紹介するバッグは、長年の利用から、持ち手が非常に黒くなっていました。

このように持ち手の部分、特に手でつかむ部分が黒く変色しております。

この状態のまま使う事はもちろんできますが、何となく気になりますね。

当店では、このような黒ずみがついた持ち手を、再び気にせずに使えるよう補修する事が出来ます。

塗装する?それとも作り変える?当店のヴィトン補修方法

ヴィトンで利用されている革はヌメ革と言って、なめし処理のみを行い、塗装やコーティングをしていない革になります。

その為、革特有の質感や色味の変化を楽しむことができます。しかし、表面が保護されていないので、手の汗や皮脂、紫外線などの影響を受けて黒ずんできます。

当店でこのような持ち手を修理する場合、2つの方法があります。

1.塗装修理

2.持ち手再作成

塗装による修理の場合、最初に黒ずみを可能な限り落とします。その後、元のヌメ革に近い色を作成して、塗装致します。

メリットとしては、安価に修理する事ができます。デメリットとしては、ヌメ革の上に塗装の膜を作るので、触った際の質感が少し変わってくるのと、全く同じ色にはならない点があります。

持ち手の作成を行う場合は、ヌメ革を用意して元の持ち手と同じサイズで作成して取り付けます。

デメリットとしては、塗装より費用がかかりますが、メリットとして、塗装よりも綺麗に作成できます。

このように、当店ではご予算に合わせた修理方法を提案することができます。

これで黒ずみが気になっていたバッグも、再び使えますね。

生まれ変わったヴィトンのバッグ Before After

生まれ変わったヴィトンのバッグはこのような状態に生まれ変わりました。

修理前

修理後

修理前

修理後

いかがでしょうか。今回は持ち手の塗装を行っております。

持ち手の黒ずみがあると、どうしても使い込んだ印象が出てきますが、持ち手を交換すると新しくなったような印象を受けますね。

ヴィトンのバッグでお困りなら、まずはご相談ください。

こちらのバッグをお客様に納品した際には、とてもご満足いただけました。

せっかく購入したブランド品ですから、できる限り長く使いたいですよね。

ヴィトンをはじめとした、持ち手の黒ずみでお困りなら、まずはご相談ください。

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際には写真をお送りください。

あなたにご満足いただけるよう、しっかりとご案内させて頂きます。

大切な物をいつまでも使いたい、当店はそんなお気持ちにお応え致します。

Follow me!