バッグについた黒いシミ、汚れ 塗装修理でこの通り!【シャネル】

革研究所 小倉田川店 岩井です。

本日はシャネルのバッグについた汚れの補修を紹介いたします。

バッグは長く使っていると、汚れがついてきます。それが原因でバッグを使わなくなって、クローゼットの奥に入れたままになっていたり、という事も・・・

今回ご紹介するお客様も、バッグについた汚れを気にされており、当店にご連絡頂きました。

シャネルのバッグについた汚れが気になる・・・

今回のお客様はブログをご覧になられて、ご連絡頂きました。

「シャネルのバッグを持ってるんですが、汚れが気になって使っていないんです。何とかなりますか?」

バッグを確認させて頂くと、このような状態になっていました。

写真のようにバッグの表面には黒い斑点がついており、内側にはボールペンの痕がついてしまっています。

また、バッグの角の部分が擦れて白くなっています。この状態をそのままにしていると、バッグが破れてしまう事も・・・

早速お預かりして、塗装による補修を行いました。

革についた汚れは塗装で綺麗に

衣類についたシミであれば、クリーニング店で染み抜きをしてもらうと綺麗になりますよね。

しかし、革製品の場合、衣類よりも複雑に繊維が絡み合っているので、奥に入り込んだ汚れを取り除くのは、なかなか難しいです。

その為、革製品に汚れが付いた際には、元の色に近い塗料を作り表面に塗装を行います。その結果、汚れのついた革製品は再びお使い頂ける状態まで修復されます。

このような修理を行えば、お気に入りのバッグを押し入れやクローゼットの中に入れたままにしておく必要もなくなりますね。

シャネルのバッグが再び使えるようになるまで

当店では、バッグをお預かりすると、最初に革の表面をクリーニングいたします。

表面に汚れや油分が残っていると、塗装した部分が剥がれてしまう場合があります。そのようなトラブルを避ける為、表面の余計な汚れや油分を落とすために、革用のクリーニング剤を使ってクリーニングを行います。

クリーニングが終わったら、塗装を行います。

塗装を行う際には、革の表面に色を付けた下地材を刷り込みます。

※写真はイメージです。

塗装の前にこの工程を入れる事によって、塗料が革の表面にしっかりと定着するので、仕上がりがとても変わってきます。

塗装が終わったら、塗料をさらに定着させる為、全体をコーティングして完成となります。

甦ったシャネルのバッグ before After

修理を終えて、生まれ変わったシャネルのバッグはこのようになりました。

修理前

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

いかがでしょうか。カビの痕やボールペンの痕はすっかり見えなくなりました。

角の擦れていた部分も違和感がない位まで補修できました。

バッグのシミ、汚れが気になったらまずはご相談ください。

お客様にバッグをお渡しした所、とても喜んで、受け取っていただけました。喜んで頂けると私もうれしくなります。

シャネルをはじめとして、バッグの汚れやシミが気になったら、まずはご相談ください。

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際には写真をお送りください。

あなたにご満足いただけるよう、しっかりとご案内させて頂きます。

大切な物をいつまでも使いたい、当店はそんなお気持ちにお応え致します。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!