大切なバッグの傷、諦めないでご相談ください【シャネル】

革研究所 小倉田川店 岩井です。

本日はシャネルのバッグについた傷の修理を紹介いたします。

シャネルのマトラッセなど、柔らかい革を使っているバッグだと、ちょっとした物に当たって傷が入る事がありますよよね。

せっかく買ったのに、傷が入ってしまってはどうしても気になります。

今回のお客様も、大切なバッグについた傷にお悩みでした。

シャネルのバッグについた傷が気になる・・・

今回ご依頼頂いたお客様は、ブログをご覧頂きお問合せ頂きました。

「せっかく買ったシャネルのバッグに傷が入ったんです・・・何とかなりませんか?」

バッグをお預かりして確認すると、このような状態でした。

写真の通り、シャネルのロゴマークの横に、何かでひっかいたような傷が入っています。

また、角の部分は表面が荒れており、このまま使うと劣化が進み色が落ちてしまう可能性もありました。

バッグを拝見した結果、今回は、傷の補修と表面の再塗装を実施することとなりました。

傷が入ったシャネルのバッグ、樹脂と塗装で生まれ変わる

傷が入った部分は樹脂を使って凹凸を埋めていきます。

樹脂といっても柔軟性があるので、多少曲げた程度では割れたりせず、自然な仕上がりが可能となります。

さらに、軽微な凹凸については、革の表面に特殊な処理を行ったうえで研磨を行い、表面を整えます。

表面の処理が完了したら、全体に塗装を行い修理完了となります。

このような作業を行う事で、気になっていた傷がめだたなくなり、違和感なくお使い頂けるように、バッグが生まれ変わります。

生まれ変わったシャネルのバッグBefore After

修理が完了したシャネルのバッグはこのように生まれ変わりました。

修理前

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

いかがでしょうか。

傷は完全に復元できたわけではないですが、違和感がない程度までは補修できました。

また、全体を再度塗装しておりますので、使用感がなくなり、新鮮な気持ちでお使い頂けるかと存じます。

シャネルのバッグ、傷が気になったらまずはご相談ください。

お気に入りのバッグであれば大切に扱って、可能な限り長く使い続けたいですよね。

ですが、大切に使っていても傷などがついてしまう事は、どうしてもあります。

そんな時には、一度当店にご相談ください。

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際には写真をお送りください。

大切な物をいつまでも使いたい、当店はそんなお気持ちにお応え致します。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!