気になる角の破れ、ここまで直ります【GOYARD】

革研究所 小倉田川店 岩井です。

本日はゴヤールのバッグで起こった、角の破れ修理を紹介いたします。

特徴的なモノグラムが美しいゴヤールですが、長く使っている内に角の部分が段々と劣化し、最終的には破れてくることが・・・

当店ではそのように角が劣化したり、破れてしまったバッグに関するお問合せを多くいただきます。

今回ご紹介するバッグも、角の部分の劣化が目立つ状態でした。

ゴヤールのバッグの角が破れてしまって・・・

今回のお客様は当店のブログをご覧いただき、ご連絡頂きました。
「ゴヤールの角が破れかけてきたんです。持ち手もボロボロになってきて・・・何とかなりませんか?」

バッグを確認すると、このような状態でした。

赤い生地が美しいゴヤールですが、角の部分が白くなっております。これは、表面の樹脂の部分が剥がれてしまい、裏地の布が見えている状態です。

また、持ち手を触るとべとべとになっております。こちらも表面の樹脂が劣化してしまったと考えられます。

ゴヤールのバッグを生まれ変わらせる修理方法

今回のゴヤールのバッグは次の手順で修理を行う事となりました。

1.破れ補修
バッグの裏側から特殊な布を貼りつけます。その後表面から伸縮性の高い樹脂を塗って固めていきます。塗装を乾燥を繰り返しで、しなやかな樹脂の層ができるので、違和感が少なく曲げにも強くなります。

2.持ち手補修
劣化した樹脂を剥がしてしまい、新しく樹脂を塗っていきます。この樹脂は破れ補修で使っている樹脂とは異なり、耐久性に優れているので、持ち手の耐久性を上げる事が出来ます。

このような方法で、ゴヤールのバッグは再び使えるように生まれ変わります。

生まれ変わったゴヤールのバッグ Before After

修理が終わったゴヤールのバッグはこのように変わりました。

修理前

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

いかがでしょうか?
バッグの角についていた白い部分は、樹脂によって補強され、まったく見えなくなりました。また、劣化して黒ずんだ持ち手も、新しい樹脂によってべたつきが無くなりました。

ゴヤールのバッグの破れが気になるなら、まずはご相談を!

修理の完了したバッグをお客様にお渡しすると、とても喜んで頂けました。

お気に入りのバッグだから、長く使いたい・・・・

当店はそんなお考えに応えたいと考えております。

ゴヤールのバッグの角が気になったら、まずはご相談ください。

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際には写真をお送りください。

大切な物をいつまでも使いたい、当店はそんなお気持ちにお応え致します。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!