壊れたファスナーと持ち手の黒ずみが気になる・・・【ルイヴィトン】

革研究所 小倉田川店 岩井です。

本日はLouis Vuittonのバッグのファスナー交換及び持ち手の黒ずみを修理いたしました。

ヴィトンのバッグといえば持ち手等、何も塗装されていないヌメ革が出来ていますね。

このヌメ革はとても特徴的ですが、長く使っているとだんだんと黒ずんできます。特に持ち手部分はかなり黒くなる事があります。

これは、手の皮脂などと革の中の成分が反応するために、だんだんと黒く変色すると言われています。

今回ご相談頂いたお客様も、持ち手の黒ずみにお悩みでした。

昔からファスナーと持ち手を何とかしたかったんです!

今回のお客様は当店のブログをご覧いただき、メールを頂きました。

「昔購入して使っていたんですが、持ち手が取れてから使わなくなったんです。でも高かったから、何とか使えるようにならないか、ずっと悩んでいたんですよ。」

田川市からのお問合せだったので、直接お伺いして、バッグを拝見させて頂きました。

バッグを確認するとファスナーの持ち手がなく、非常に使いにくい状態でした。さらにヌメ革で出来ている部分が黒ずんでおり、革が劣化しているのがわかりました。

ヌメ革の部分は新しく作り変えることもできるのですが、今回は金額面との兼ね合いで下記の修理を行う事になりました。

1.ファスナー持ち手の再取り付け
2.ヌメ革部分の塗装

気になっていたシャネルのバッグが甦るまで

今回の修理では、最初にファスナーの持ち手を取り付けました。

ヴィトンのロゴマークの入ったファスナーは用意できませんので、元の形に近いものを取り付けます。

ファスナーの修理後はヌメ革部分の塗装を行います。


※写真はイメージです。

塗装が完了したら、色が落ちないようにコーティングを行って修理完了となります。

生まれ変わったヴィトンのバックBefore After

修理を行った結果、ヴィトンのバックはこのように生まれ変わりました。

修理前

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

いかがでしょうか。

ファスナーの持ち手はしっかり利用できるように取り付けられています。ヌメ革の部分はしっかり塗装されており、黒ずみは見えなくなりました。

これで、長年どうしようか悩んでいたヴィトンのバッグも、気兼ねなく使い続ける事が出来ますね。

ヴィトンのファスナー、黒ずみのお悩みならご相談ください!

お客様にバッグをお渡しした所、非常に喜んで頂きました。またバッグをお使いになられるそうです。

今回の修理のように、ファスナーが壊れたり、バッグの黒ずみでお困りであれば、まずはご相談ください。

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際には写真をお送りください。

大切な物をいつまでも使いたい、当店はそんなお気持ちにお応え致します。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!