ボッテガのバッグを長く使いたい・・お悩みならご相談ください【ボッテガヴェネタ】

革研究所 小倉田川店 岩井です。

本日は、ボッテガヴェネタのビジネスバッグの修理を紹介いたします。

ボッテガのバッグや財布は私自身、これまで何度も拝見させて頂きましたが、イントレチャート(革の編み込み)が繊細ですね。

しかし、長く使っている内に、紫外線や乾燥などの影響から、表面の塗装や革自体が劣化して、色落ちしてしまう事があります。

そんな時に有効な方法として、塗装によって、表面を再び塗料で覆ってしまう修理があります。

この修理を行う事で、お気に入りだったバッグも、再び持ち歩く事が出来るようになりますよ。

以前に比べて、色が落ちてきた・・・

今回ご紹介するバッグは、ボッテガヴェネタのビジネスバッグになります。

お客様からお預かりしたバッグを確認すると、このような状態でした。

ご覧のように、まるでオセロのように、色の濃い部分と薄い分が出てきてしまい、かなり使用感が出ています。

おそらく、長年使っている内に紫外線などの影響で、表面の塗料が薄くなったり、衣類や手に触れている内に表面が毛羽立ってしまい、濃淡の差が出ていると考えられます。

そこで当店ではこのような流れで修理を行っています。
1.クリーニング
2.色づくり
3.塗装

このような工程を経ることで、長年使ってきたバッグの色が甦ります。

ボッテガのバッグが復活するまでの3つのステップ

1.クリーニング

革製品の為に作られたクリーナーと溶剤を使って、表面の油分や汚れを落としていきます。この作業を行う事で、塗料が定着しやすくなり、長持ちするようになります。

2.色づくり

※写真はイメージです

ポケットの内側など、元の色が残っている部分を探し、その色を元に塗料を混ぜ合わせます。塗装後に乾燥すると色が変わってくる為、その分も踏まえた上で、可能な限り近い色を作成します。

3.塗装

※写真はイメージです

作成した塗料をスプレーガンで均一に吹き付けていきます。この作業を行っていると、色あせたバッグが徐々に色づいていき、甦っていくのが実感できます。

このような工程によって、色あせていたボッテガのバッグはこのように甦ります。

甦ったボッテガのビジネスバッグ Before After

修理前

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

いかがでしょうか。バッグ全体がオセロのように、まだらな色合いになっていましたが、塗装によって均一に色が戻っています。

これで、外に持ち歩いても違和感なくお使い頂けますね。

ボッテガのバッグが色あせてきたら、まずはご相談ください。

せっかく購入したボッテガのバッグも、色あせしてくると、持ち歩く機会が減ってくるのではないでしょうか。

しかし、せっかく気に入って購入したボッテガのバッグなら、長く使い続けたいですよね。

バッグの色あせでお悩みなら、まずは当店にご相談ください。

%e3%81%8a%e5%95%8f%e5%90%88%e3%81%9b

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際には写真をお送りください。

大切な物をいつまでも使いたい、当店はそんなお気持ちにお応え致します。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!