バッグの色を大胆に変えて、イメージチェンジ!【バッグカラーチェンジ】

革研究所 小倉田川店 岩井です。

本日は革のトートバッグの色変え塗装を紹介いたします。

普段使っているバッグも、長く使うにつれて、だんだんと傷や色あせ、色落ちする事があります。

その場合、塗装によって元に近い状態へ修理する方法もあるのですが、修理のタイミングで色を変えてしまう事もできるのです。一般的には、カラーチェンジ、もしくはリカラーなどと呼ばれています。

色を変えることによって、また違った雰囲気になり、使い続ける事が出来ますよ。

 

バッグを黒く染め上げてほしい!

今回のお客様はブログをご覧になられて、お問合せ頂きました。

「いつも使っているバッグを黒く染めてもらえますか?それから底板がないので、新しく作ってもらえますか?」

早速バッグをお預かりすると、このような状態でした。

ホワイトとキャメル、ブラックで塗装されていますが、よく見ると角の部分は色が剥げています。

また、もともと底板のない作りなので、少し重たいものを入れると、形が崩れてしまうとの事。その為、お客様は非常にお困りになっていたそうです。

その為、今回は下記の内容で修理を行いました。
・底板作成
・カラーチェンジ

それでは、どのように変わっていくのか、ご覧ください。

お気に入りのバッグが生まれ変わるまで

最初に底板を取り付けます。バッグに縫い付けており、非常にしっかりと荷物を支える事が出来ます。

※写真は塗装後の写真です。

その後はブラックへと塗装を行います。最初に色の粒子が細かい塗料で、革を染めていきます。

こうする事で、元の革の色が黒に近くなるので、本塗装する際に色が変わりやすくなります。

この作業をしないと、本塗装の際に色が変わるまでに何度も塗装を繰り返すので、必要以上に塗装の膜が厚くなってしまい、ひび割れなどの原因になります。

この作業が終わったら、本塗装に入ります。

今回は外側だけでなく、内側もスプレーガンを使って塗装をしています。しっかり乾燥させて塗料が定着したら、最後に色落ち防止のコーティングをして終了となります。

生まれ変わったバッグ Before After

今回の修理で、バッグはこのように生まれ変わりました。

修理前

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

いかがでしょうか。ムラなく綺麗に黒く染まっています。内側も黒に染まっているので、違和感がないですね。修理前後を比べると、大分印象が変わりましたね。

長く使っているバッグをイメージチェンジしたい時には、まずご相談ください

お客様にお渡しした際には、「大分印象が変わりましたね。ありがとうございました」と、とても喜んで頂けました。

本革は、布や合皮に比べるととても頑丈な素材です。その為メンテナンスや修理をすれば、お気に入りのものをいつまでも使い続ける事が出来ます。

ただ、デザインや色に飽きてしまう事もあるかと思います。その際には、思い切って色を変えみるという選択もよろしいのではないでしょうか。

元の色よりも濃い色であれば、色を変える事はできますので、修理に合わせてバッグのイメージチェンジをされたい方は、まず一度ご相談ください。

%e3%81%8a%e5%95%8f%e5%90%88%e3%81%9b

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際には写真をお送りください。

大切な物をいつまでも使いたい、当店はそんなお気持ちにお応え致します。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!