ゴヤールの破れがこの通り!お悩みでしたら、ご相談ください【GOYARD】

革研究所 小倉田川店 岩井です。

当店ではゴヤールの破れ補修のご依頼を多く頂くようになりました。
今回はそのゴヤールの修理の中でも、角の部分の破れ補修と持ち手についたひび割れ補修を紹介いたします。

ご依頼頂いたバッグがどのように変わるか、ぜひご覧ください。

持ち手の痛みと破れた角が気になる・・・

今回のお客様はwebサイトに掲載したブログをご覧頂き、メールにてご連絡頂きました。

「持ち手の痛みと破れた角の部分が気になっているんです・・・」

早速、写真をお送り頂くとこのような状態になっていました。

ご覧いただいた通り、持ち手がひび割れて、ボロボロになっています。このままでは、持ち手が劣化してしまいます。

またバッグの角を見ると、四隅とも破れてしまっています。破れた個所は下地の綿が表に出てしまっており、せっかくのピンクの生地も台無しになっています。

今回の状態を踏まえて、次の修理を行いました。

①破れ補修
②持ち手の樹脂塗装
③塗装およびコーティング

当店の修理技術によってどのように蘇ったのか、ご覧ください。

傷ついたゴヤールを甦らせる、3つのステップ

①破れ補修

※写真はイメージです

ゴヤールの生地は綿による布の上に、樹脂を塗って作られています。当店の修理で修理する場合も、この生地と同じような形に修理をします。

破れた個所に対して、裏から布状のシートを貼り付けます。その後表から樹脂を少しづつ塗っていきます。塗装と乾燥を繰り返し、形を整えていきます。

②持ち手の樹脂塗装

ゴヤールの持ち手の側面は、もともと樹脂で補強されています。しかし、長く使用しているうちに、樹脂がひび割れてきます。そのまま放置しておくと、持ち手を構成している革も劣化していき、見栄えが悪くなってきます。

当店では、側面に耐久性のある樹脂を塗って、傷を埋めていきます。塗装と乾燥と研磨を繰り返し、形を整えます。

③コーティング
修理した個所を保護するために、コーティングを行います。最後に乾燥させて修理完了となります。

甦ったゴヤールのバッグ Before After

修理の終わったバッグはこのような状態に甦りました。

修理前

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

いかがでしょうか
破れていた個所はすっかり痕が見えなくなりました。バッグの色に合わせて樹脂を作っているので違和感のない仕上がりになりました。

持ち手はひび割れの痕が全く見えなくなりました。樹脂で補強したので、長くお使い頂けるようになりました。

ゴヤールのバッグの破れが気になったら、まずはご相談ください。

修理が終わったバッグをお客様にお送りした所、「綺麗にして頂き、ありがとうございました。本当にきれいです!」と非常に喜んで頂けました。

とても喜んで頂けた事がメールからも伝わってきました。こんなに喜んで頂けると、私もとてもうれしいです。

大切なゴヤールのバッグが破れてしまったら、まずはご相談ください。

%e3%81%8a%e5%95%8f%e5%90%88%e3%81%9b

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際には写真をお送りください。

大切な物をいつまでも使いたい、当店はそんなお気持ちにお応え致します。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!