バッグの角が擦れてお困りの方にオススメ、塗装修理【COACH】

革研究所 小倉田川店 岩井です。

本日はCOACHのバッグで発生した、角の色落ちと持ち手の修理を紹介いたします。

ご依頼頂いたバッグは、黒字に赤い花柄のフローラルが特徴的なバッグでした。

COACHの専門店で修理を依頼したけれど・・・

今回ご依頼頂いたお客様は、バッグの角に発生していた擦れと、持ち手の剥がれにお困りでした。

「COACHで修理見積もりをしたら、持ち手を別の革に変えないといけないと言われて・・・。そうすると、持ち手だけ花柄のじゃなくなるのが、納得できなくて・・・。それに角の擦れた部分も何とかしたいんです。」

早速バッグの写真をお送り頂いた所、このような状態でした。

持ち手を見ると、側面が剥がれてしまっています。これでは、とにかく持ちにくいので、外で持って歩くのもためらってしまいますよね。

さらに角の部分を見ると、表面の塗装が完全に剥がれて、下地の灰色がむき出しになっています。

黒地に赤や白の花柄の中に、このような部分があると、やっぱり気になるかと存じます。

このような状態を確認したので、今回は以下の修理を行いました。

・角部分の部分塗装
・持ち手の樹脂塗装

今回は全体的な塗装修理ではなく、部分的な修理を行っていき、違和感が極力出ないように仕上げて行きます。

これでコーチのバッグが甦る!修理の2つのステップ

1.角の部分塗装

角の塗装が剥がれた部分を磨いて、表面を整えてから塗装を行います。

 

塗装の際には、黒い塗料の種類を変えて、何度か塗装と乾燥を繰り返していきます。

今回は角の部分にあった赤いフローラルの花柄も剥がれていたので、体裁を整える為に赤い塗料を作り、重ねて塗装しました。

2.持ち手のコーティング

 

持ち手は、はがれかけている部分をナイフで剥がしてしまい、いったん下地をきれいにしてから、新しくコーティングしていきます。

コーティングに使用している素材は、しなやかに伸縮しますので、持ち手のような部分にもフィットして、持ち手全体の劣化を防ぎます。

このような作業を行った結果、コーチのバッグは生まれ変わったのです。

甦ったCOACHのバッグ Before After

修理した結果、COACHのバッグはこのように仕上がりました。

修理前

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

修理前

修理後

いかがでしょうか。

持ち手がボロボロになっていましたが、樹脂を塗りなおすことで持ちやすい状態に直す事ができました。

角の擦れた部分も違和感がない状態に直しております。フローラル柄もある程度再現できました。

COACHのバッグの角が擦れてきたら、まずはご相談ください。

お客様にバッグをお返しした所、「丁寧な修理をして頂いてよかったです」と、後日メールを頂きました。

COACHのバッグはしっかりした作りなので、修理をすれば長くお使いいただけます。当店では、可能な限り、元のバッグのデザインを損なわないように、修理を行っております。

大事なバッグの擦れや持ち手が気になったら、まずはご連絡ください。

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際には写真をお送りください。 大切な物をいつまでも使いたい、そんなお気持ちにお応え致します。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!