カビの痕が残っても、塗装修理で甦ります!【フェラガモ】

革研究所 小倉田川店 岩井です。

お気に入りのバッグを使おうと思ったら、カビが生えていた・・・・

そんなことってありませんか?

 

今回はバッグについたカビ痕の修理を紹介いたします。

 

 

箱に入れていたフェラガモのバッグにカビが生えた・・・

今回ご依頼頂いたバッグはカビの跡が全体的に残っていました。

「箱に入れて収納していたんですが、カビが映えてしまったんですよ。オイルを塗ってみたけど、どうしても痕が残ってしまって・・」

バッグをお預かりして確認するとこのような状態でした。

IMG_20160105_174326

全体的にカビ跡のシミがついており、表面がまだらになっています。

せっかくのフェラガモのバッグも、このような状態のバッグを持ち歩くのはためらいますよね。

しかし、当店の塗装による修理で再び持ち歩けるようになります。

そこで、今回の修理では、塗装によって汚れを隠しいきます。

 

目立つカビの汚れは塗装修理で甦ります!

塗装による修理とは、革についたカビ痕の上から、塗料を吹き付けて表面をコーティングしてしまう事で、汚れなどを目立たせなくさせる方法になります。

革はカビが生えると黒く変色する事が多いです。このような状態になると、洋服のように漂白するのは難しくなります。

その為、表面を塗装する事でカビの痕を見えなくさせる必要があるのです。また、全体的に塗装することで、色あせてしまった革の表面を甦らせることもできます。

それでは、塗装修理はどのように行うのか、ご紹介いたします。

カビ痕の目立つバッグが甦るまでの3つのステップ

カビ痕を目立たなくさせる為には、3つのステップを踏みます。

1.表面のクリーニング

2.色作成

3.塗装およびコーティング

カビの生えた表面をきれいにするため、クリーニングを行います。革専用のクリーナーを使って表面に残っているカビや汚れ、油分を取っていきます。

この作業を行う事で、塗装が定着しやすくなります。そのため、非常に重要な作業であると言えます。

2.色作成

塗装をするには、塗料が必要となります。しかし革製品に使われている色には、色見本などありません。その為、バッグ一つ一つに対して、色を作成する必要があります。

img_20160308_115729

※写真はイメージです

このように、バッグの色を見ながら複数の塗料を混ぜ合わせ、最適な色合いになるように調整します。

3.塗装およびコーティング

塗料の作成ができたら、次は塗装に入ります。

img_20161016_202745

※写真はイメージです。

 

塗装を行う際にはスプレーガンを使い、色むらがでないよう均一に塗料を吹いていきます。

塗装が完了したら、色が落ちないようにコーティングを行い、修理は完了となります。

このような作業を行う事で、カビの痕が目立たなくなり、バッグは再びお使い頂けるように、甦ります。

生まれ変わったフェラガモのバッグBefore After

塗装修理を行った結果、今回のフェラガモのバッグはこのように生まれ変わりました。

修理前

IMG_20160105_174310

修理後

IMG_20160116_153015

修理前

IMG_20160105_174341

修理後

IMG_20160116_153216

修理前

IMG_20160105_174410

修理後

IMG_20160116_153206

いかがでしょうか。バッグの表面についていたマダラ模様のシミは見えなくなりました。色むらもないので、外出の際にも安心してお使い頂けますね。

バッグのシミが気になったら、まずはご連絡ください!

今回ご依頼頂いたお客様に、バッグをお渡しした所「見違えるようにきれいなりましたね!」と、とても喜んで頂きました。

せっかく購入したブランドのバッグですから、できるだけ長く、綺麗に使いたいですよね。

当店では、長くきれいにバッグを使いたい、と思う気持ちにお応えしたいと考えております。

大事なバッグのカビが気になったら、まずはご連絡ください。

%e3%81%8a%e5%95%8f%e5%90%88%e3%81%9b

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際には写真をお送りください。 大切な物をいつまでも使いたい、そんなお気持ちにお応え致します。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!