黒ずんだシャネルのバッグ 塗装修理によってこうなります【CHANEL】

革研究所 小倉田川 岩井です。

シャネルをはじめとしたブランドのバッグは、さまざまな色のバリエーションがあります。

その中でも、ホワイトやピンク、イエローのような明るい色は、時間経過とともに黒ずみが目立ってきます。
dsc08859-300x225

ブラックやダークブラウン等の暗い色であれば、黒ずんできても目立たないのですが、明るい色は写真のように色がくすんでしまい、古ぼけた印象を与えてしまいます。

このままでは、ちょっと持ち歩くのをためらってしまいますよね。そのまま使われなくなって、タンスのこやしになってしまう事も・・・

ですが、せっかく思いをこめて購入したバッグ、できるだけ長く使いたいですよね?そんなときは、当店の塗装修理で再びお使い頂けるように甦ります。

今回は写真のシャネルを元に黒ずみ改善を紹介いたします。

シャネルのバッグについた黒ずみ 何とかしたい・・・・

今回ご紹介するバッグ、修理をする前はこのような状態でした。

dsc08859-300x225

dsc08862-300x225

dsc08866-300x225

dsc08870-300x225

写真のとおり黒ずみが全体的に広がっています。色あせも起こっているので、余計にくたびれた印象がありますね。

この状態からどのようにして甦るのか、ご紹介いたします。

表面の黒ずみ落としから塗装修理を行うまでの3ステップ

今回のようなバッグについた黒ずみを修理する際には、最初にクリーニングを行い汚れを落とす事から始めます。

img_20160913_184156
※写真はイメージです

表面についた黒ずみをクリーニング剤で落としていきます。ここで黒ずみを取り除かないと、塗装した際に黒ずみが消えない場合があるので、しっかり汚れを取り去ります。

②塗料の作成
img_20161014_090749
※写真はイメージです

先ほどの黒ずんだバッグですが、ポケットの内側やベルトの内側など、比較的色が残っている部分があります。その色を元に塗料を混ぜ合わせて、バッグに塗装する色を作ります。

③塗装修理
img_20160724_183138
※写真はイメージです

表面の黒ずみを落とした後は、塗料を定着させるために下地剤を擦り込んでいきます。その後、写真のようにスプレーガンで塗装を行います。

この作業によって、革の表面に塗料の膜革が出来上がります。
革に染み込んでいた黒ずみや色あせは、この段階で見えなくなるのです。

塗装が終わった後は、塗装を守るためにコーティングを行い、完成となります。

当店でお預かりした大切なバッグは、このような作業を行う事によって、再び生まれ変わるのです。

シャネルのバッグの黒ずみ 塗装修理でこうなります!

塗装を行う事で、バッグはこのように甦りました。

修理前
dsc08859-300x225

修理後
dsc08882-300x225

修理前
dsc08862-300x225

修理後
dsc08885-300x225

修理前
dsc08870-300x225

修理後
dsc08893-300x225

いかがでしょうか?修理後は黒ずみが全く見えなくなりましたね。再び持ち歩いても、まったく違和感のない仕上がりになりました。

シャネルのバッグの黒ずみでお困りなら、まずはご相談ください!

外へ持ち歩くために作られたバッグは、どうしても汚れがついて黒ずんだり、表面の塗装が劣化し、色あせしてきます。

そのような状態になると、なかなか持ち歩こうとは思わなくなりますよね。ですが、せっかく思い入れのあるバッグなら、汚れて使わなくなるのは、もったいないと思いませんか?

当店では、お客様のお悩みを解決させて頂きますので、まずは一度お問合せください。

%e3%81%8a%e5%95%8f%e5%90%88%e3%81%9b

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際にはバッグの写真をお送りください。 大切な物をいつまでも使いたい、そんなお気持ちにお応え致します。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。


Follow me!