【CHANEL】黒いシミが!シャネルのバッグ修理

革研究所 小倉田川店 岩井です。

工房の移転に伴い、HPをリニューアル致しました。

今後は修理の事例だけではなく、革製品のお手入れ方法など幅広い内容をこのHPでお伝えしたいと思います。

さて、リニューアル後の第1回目のブログは、シャネルのバッグについたシミと傷の修理を紹介致します。
img_20160731_173944

 

シャネルのバッグにカビ痕のシミが・・・・

今回は、前に一度ご相談頂いたお客様からご依頼頂きました。

「子供の入学式の時に持っていこうと思ったんですが、カビがのシミや傷がついていたんです・・・」

早速バッグを拝見させて頂くと、このような状態になっていました。

①カビ痕のシミ
img_20160626_144100

バッグの表面にはっきり目立つ黒いシミがあります。おそらくカビが生えてしまい変色したと思われます。

②バッグ角の傷
img_20160626_144309

バッグの角が擦れて傷つき、表面が白くなっています。

このまま放置すると革が破れてしまい、パイピング(角の筒状の部分)を交換する必要が出てきます。


③ボールペンのシミ
img_20160626_144212

バッグの内側に、ボールペンのインクが付いたような線が入っています。

 

シャネルのバッグ 傷の修理とシミ汚れ直し

バッグを拝見して、今回はこのような修理を行う事にしました。

①角部分の傷補修

②シミ及びインクの塗装修理

この2つの修理方法を取る事で、シミや傷のついたバッグは、再び使えるように甦ります。

 

シャネルのバッグが甦る3つの手順

1.クリーニング
お預かりしたバッグは最初にクリーニングを行います。

img_20160416_144224
※写真はイメージです。

この作業によって、表面についた油分やほこり、汚れを落とします。

表面に汚れがつたままだと、塗装の際に定着しない場合があるので、重要な作業になります。

2.バッグの傷修理
img_20160626_144256

写真のとおり、角の部分が擦れてしまっています。白く見えているのは、革の表面の塗装が剥がれて、表面が毛羽立っているからです。

このままの状態では、革が薄くなり破れてます。破れてしまうと写真のように、中の芯材が見えてきます。
img_20160116_150552
※写真はイメージです

この状態になると、破れた部分だけでなく、筒状の部分(パイピング)全体の交換が必要になってきます。

ここまでの状態にならないよう、今回の修理では革に表皮再生剤を塗ります。この表皮再生剤によって、弱くなった革を強化します。

その後は研磨を行い表面を整えて、塗装を行い、違和感のないように仕上げます。

3.シミ及び汚れの塗装修理

革についた汚れは放っておくと表面だけではなく、内側に染み込んでしまいます。そうなると、汚れを取ることは非常に難しくなります。

このように汚れが定着した場合は、同じような色で塗装して、汚れを塗り消してしまいます。
img_20160626_144212

薄い塗装の膜を重ねていく事によって、徐々に汚れが見えなくなります。
img_20160724_183138

薄い層を重ねるように塗装する事で、革の柔らかさを残したまま、補修する事が出来ます。

甦ったシャネルのバッグBefore After

修理を行った結果、バッグはこのように甦りました。

①角部分の傷
修理前
img_20160626_144309

修理後
img_20160731_174134

角の部分についていた、傷や毛羽立ちはすっかり見えなくなり、違和感のない仕上がりになりました。

②シミ及び汚れの塗装修理
修理前
img_20160626_144100

修理後
img_20160731_174008

このように、塗装によってカビの跡は完全に見えなくなっています。

修理前
img_20160626_144212

修理後
img_20160731_174300

ボールペンの跡も、この通り見えなくなっています。これで汚れを気にせずに使う事が出来ますね。

甦ったバッグのお渡し

修理の終わったバッグをお客様にお見せした所、「とても綺麗になりましたね!これでまた使い続ける事ができます!」と大変喜んで頂きました。

さらに、より長く革製品をお使い頂く為、特製の革用オイルまでご購入頂きました。

これでまた、イベントの時などにバッグをお使い頂けますね。

大事なバッグも長く使用していると、必ず傷や汚れがついてきます。

大切なバッグを再び使えるようにしたい、そんな思いをお持ちの方、まずはご相談ください。

%e3%81%8a%e5%95%8f%e5%90%88%e3%81%9b


すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際にはバッグの写真をお送りください。

大切な物をいつまでも使いたい、そんなお気持ちにお応え致します。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

Follow me!