光沢が甦る!革のブーツの色あせでお困りなら、ご相談ください

革研究所 小倉田川店 岩井です。

本日は革のブーツについた傷や色あせの修理を紹介いたします。

黒いブーツが色あせてしまって・・・

今回ご依頼頂いたのは黒いブーツでした。

しっかりした作りですが、全体的に色あせている状態です。
「どうしても色あせが気になるんですが、見てもらえませんか?」

早速ブーツを拝見すると、このような状態でした。

IMG_20151127_101853

IMG_20151127_101835

IMG_20151127_101934

全体的に色あせており、細かい傷も入っています。このような状態ですが、色あせを直せばまだまだ使える状態でした。

その為、今回は下記の方法で修理を致しました。
①クリーニング
②下地処理
③塗装およびコーティング

色あせブーツをピカピカに甦らせる3つのステップ

最初に表面についた汚れやほこりを、丹念に落としていきます。

img_20160308_114804

※画像はイメージです

写真のとおり、クリーニング剤を布につけてから、表面を磨いていきます。

ブーツの場合、バッグなどに比べると、どうしても汚れがついてしまいます。

汚れやほこりがついていると、この作業によって、後工程で行う塗装の定着が悪くなります。

その為、このような手順が必要になります。

②下地処理
クリーニング後は表面についている傷の修理を行います。
img_20160401_113913
※写真はイメージです。

表面についた傷は、塗装をしても残ったままになるので、見栄えが良くありません。

その為、深い傷が入っている部分を樹脂で埋めていきます。

写真は色を付けた樹脂で、傷を埋めているところになります。

この作業を行ってから塗装をすることで、傷が見えなくなり、全体的な見栄えが良くなります。

③塗装およびコーティング
IMG_20160419_155711
※写真はイメージです。

下地の処理が終わったら塗装を行います。革製品に塗装をする場合、一度に一気に色をつけると、塗装の膜が厚くなってしまい、耐久性が下がる可能性があります。

その為、塗装を行う際には薄く塗装を行い、乾燥させてから再度塗装を行います。そうすることで、薄い膜の層が出来て、耐久性が増すようになります。

このような作業を行う事で、黒いブーツはこのように生まれ変わりました。

甦ったブーツ Before After

修理前
IMG_20151127_101824

修理後
IMG_20151204_143049

修理前
IMG_20151127_101835

修理後
IMG_20151204_143053

修理前
IMG_20151127_101853

修理後
IMG_20151204_143151

修理前
IMG_20151127_101934

修理後
IMG_20151204_143210

いかがでしょうか。革製品を長く使っていると、どうしても色あせが起こります。しかし、今回の修理では黒さが甦り、生まれ変わったような光沢も戻りました。

革のブーツの色あせが気になったら、まずはご相談ください。

今回のブーツをお客様にお渡しした所、大変喜んで頂けました。

ブーツの色あせが気になったら、まずはご連絡ください。

%e3%81%8a%e5%95%8f%e5%90%88%e3%81%9b

すぐに返信させて頂きますので、お問合せの際には写真をお送りください。 大切な物をいつまでも使いたい、そんなお気持ちにお応え致します。

革製品修理サービスについて、もっと知りたい方はこちらへどうぞ。

 

Follow me!